ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



障害年金

<スポンサーリンク>

雨が降ってきました。相変わらず不調です。

13日に障害年金が振り込まれていました。

ネットバンクで年金入金を確認した直後、郵便受けをみると社労士からの請求書。

14万!高いですね。成功報酬として2か月分+消費税1万。

ネットで即振り込みました。

ほとんどの苦労は私がしたので、過払い請求をしたいくらいです。


10日ごろに社労士に別件でお願メールを送信したにも関わらず、返信がいまだにきません。

多分請求額振込み確認後のタイミングを見ているのでしょう。
他愛もないことなのに。


無視が続けば「虐待」として通報します。(セコセコした社労士に一種のいら立ちがあります。
やはり「やましい」人たちなんです。報酬は8万くらいでいいのに弱者の弱みにつけこみ搾取。)



福祉、年金、すべてネットがなければ成功しませんでした。



体調悪いままです。

レキソタンまた飲むようにした方がいいようです。



レキソタン一種類が効くうちはまだ助かっているのかもしれません。

筋肉は戻りませんが・・


本家ブログ


レキソタンはまだマシ。セルシンが有害だったようです。

ベンゾでひとくくりにしていましたがセルシンのんでから意識がぼっとしたままでした。

レキソタンはまだ許容範囲。

心身症に効果あると思います。

そんなに悪い薬ではないと思い始めています。

弱い毒ですが、ストレスも毒。

レキソタンで立て直せれば儲けもの。その確率高いです。

正当化かもしれませんが、経験上、レキソタンはまだ存在価値があるように思えます。

あまり断薬に固執するのはかえって良くない。


KBさん、eさんメッセージありがとうございます。
勇気づけられました!



<スポンサーリンク>

暖かいような暖かくないような
体調を崩しやすい季節です。

経済動向に少しばかり異変がありました。
障害基礎年金を取得しました。
一時しのぎにはなるでしょう。

来年に診断書がまた必要になる旨記載。
精神科の鉄鎖から抜けられないようになりました。

食欲と筋肉が落ちているとどうしてもそこばかりに気がいきます。


終わりはあるのだろうか?自問自答しています。

落ちぶれ行く自分が情けないです。











<スポンサーリンク>

昨夜薬物無しで眠れ6時半起床

胃の痛みあり。食欲相変わらず無し、六君子湯をのむ。

朝7時半ごろ ゆで卵一個の朝食を無理に食べた。

8時ごろ入浴。腹部の痛みを抑えながら、薄くなった筋肉を感じながら湯につかった。
そのあと11時半まで眠った。気絶するような睡眠である。


11時半再度起床。胃の痛みを抑えながら、社労士からのメール確認。簡単な返信のあと
着替えて心療内科へ診断書受け取りにタクシーで向かった。曇り空。
一人で行けるようになったことは前進だが、体の内部からのチクチク感、
ヒジヒザの筋肉薄化、足裏薄化による違和感、
不快感。何より腹がすかない異常さを歩きながら感じた。

・12時過ぎ受付で「診断書入手」待合室で読んでみると
予想通り医師の主観に基づく誹謗中傷満載。

・病院近くのコンビニでカラーコピーA3(80円×2)を取り終え、タクシーで帰途についた。

自宅で診断書を再度読み治した後、
社労士宛レターパックライトに診断書を入れ、自宅近くの郵便ポストに投函。
ポストまで徒歩体中が痛み、腹部膨満感がある。

診断書から社労士よゆやく一仕事終えた。半年近くかかった。本来なら、
体の不調が今ほどでなければ、一か月程度で終わることなのに。

自宅でゆっくり診断書コピーを再び読むと、医師の私への悪意が伝わる誹謗中傷満載の診断書であることがより鮮明に分かった。

ただ、初診日要件が満たせる記載になっていたので、障害年金の請求はできるので
今回これでいい。もう精神科医とは関わりたくない。

人生を壊され体も壊され 誇りまで奪われた。

優生学が何かしらないが、あまりにもむご過ぎる。

昨日から断薬している。筋肉減少と皮膚異常が辛いが、しばらく断薬したい。
介護士らと薬害を乗り切るつもりだ 
ただ精神薬はその依存性の強さゆえ再び手に付けるかもしれないが・・・

苦しみを乗り越えて精神科医から離れたい。福祉には妥協する。

障害年金は無理だろう。社労士曰く「微妙なところ」

誹謗中傷満載の診断書と薬害での体の苦痛。
時間と労力と金を膨大につぎ込みこれである。メディアは何をしているのか?


広告費・スポンサーのため鬼畜になる下がるとは。アングラで
も医療用精神薬の危険性を流布し続けるべきだ。 それこそメディアの使命だ。安倍がどうのと凝り固まっている場合ではない。


精神科医、
ここまで非道になれるのか  彼らは純粋な心ある市民なのか?疑問である。



↑このページのトップヘ