ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



体調記録

<スポンサーリンク>

寒さで全身が縮み咽喉の違和感が特にひどいです。冬場は去年がそうだったように、症状の辛さが一段と増すようです。布団の中で「意識」だけはあるものの、生きた心地しません。食欲もなく家の中をヨロヨロ歩いて移動します。筋肉が硬直しているので、体操もできず、体が硬くなっていく様子がわかります。このままでは、移動の際に転倒して怪我をしないか不安になります。看護師が状態を観察し医師に報告しているので、いずれ「抗うつ剤」と投与されるのでは?不安です。

彼ら精神科医のやることは治療ではありません。ただの投薬鎮静化です。意地でも回復しようと気力をふりしぼり、足りない面は福祉で補おうと思っていたのですが、症状の悪化が先に進行しているようです。昨秋再服用で一時的に良くなったように思えましたが、あれは気温が比較的高かったためだと思います。なので、これから冬を越し春を迎えれば、今の症状の緩和が少しばかり期待できます。季節、気温にかけるしかないです。全身の筋肉はゲッソリ落ち、今ではインナーマッスルまで到達し、息が浅く、ヘルパー、看護師、専門員に辛そうな状態を認識してもらっています。

毎年春ごろ、「冬が越せるか?」と先取りして心配していましたが、今年の冬は昨年6月ごろに予想した通り、非常に危ない状態です。去年までの違いは、福祉が入ってることで部屋の清潔を最低限保ち、人と話すことで認知症を回避できている点です。もし一人だったら、汚れた部屋で孤独に意識もうろうとしていたに違いありません。こんな状態を回避できたのは、問題があるとはいえ福祉医療のお蔭だと思っています。その看護師派遣を受けるための自立支援の更新手続き、通院できず滞っています。

毎月一回、主治医(この言葉は好きではありませんが)のところに「報告」に行く看護師から聴いたところ、「ヘルパーによる薬受け取りはダメで受診するよう」とのことでした。私はこの時期に更新ですから、寒い中をタクシーで金かけていかなければなりません。仮に断薬できたとしても、ヘルパーや看護師の力は必要ですので、精神科とは縁が切れません。自費で契約するくらいになればいいのですが、生活費もやっとのことで、福祉の予算を使わせていただくしかないのです。医師からやられたことを考えれば、当然の権利とはいえ、少しばかり、引け目があります。

筋肉減少とともに進んだ皮膚脆弱も問題です。どうやら、このお皮膚脆弱が内臓に及ぶことによって、胃痛や食欲皆無につながっているのではないでしょうか?日々自分の体を観察してそう思うのです。
これをうつ相乗ととらえられ、抗うつ剤を投与されることだけは避けたいものです。


家族について。大金を浪費してしまったので、遠方から恨みを買っています。電話にまともに応じてくれませんしかしこれは、毒親の洗脳から覚め、すがすがしい気分であると同時に、自分の不甲斐なさを残念に思います。今が真の独立のチャンスだと思いますが、衰弱しきった体では、自宅にいるのがやっとで、何かと不自由です。親のことを看護師に話すと「期待が大きすぎたからでは?」と指摘されました。核心をついています。過剰な期待をかけられ、それにこたえられなかった、応える必要もないのに無理をした。それが向精神薬への依存中毒と過労につながったと分析しています。

それにしても、今となっては、為す術もなく、こうしてブログやツイッターにぶつくさと思いのたけを書くほかないのです。これもまた記録ですので、続けていきたいです。

体調は昨年より悪化しているとはいえ、心はどこか穏やかです。苦しいことには変わりありませんが・・・ どこかでV字回復する時期を願っています。

自立支援の更新時期



<スポンサーリンク>

朝からの冷え込みが激しくて胃痛が今日は特にひどい。胃痛というより筋肉痛。布団の中で倒れ込むように寝ている。口渇、ドライマウスでミネラルウォーターの消費が速い。午前、訪問看護有り。昨日ヘルパーが急に欠勤したので、今回はありがたい存在。今朝は予想以上に穏やかに接してもらえた。状態観察でこちらの体調と日常、家庭環境を一通り話した。厳しい上に悩むところ多い。何より体が少しずつ朽ちているので生きた心地がしない。看護師から聴いたが「薬は本人が取りに来なければならない」という。この体で受診できないはず。ヘルパーの代わりはダメだという。福祉の力がここで医者に阻止された。食事は朝、「おじや」のみ。もう何も食べる気はしない。体調の悪化に加え経済面、家庭環境、数多くの困難がある。ブログの更新を頑張っているが、これもいつまで続くかと不安になった。3月以降暖かくなれば、食欲も少しは回復するはず。それまでただ忍耐。それにしても医者はなぜクスリの受け取り代理を拒むのか?肉親でないと代わりは無理な様子。よく考えれば依存性がとても強いクスリなので、クスリそのものの受け渡しには敏感なのだろう。「ならはじめから出すな」「長期漫然と出すな」と心の底から文句がある。


「自作自演」とは精神科医のためにある言葉。自らばらまき依存させ長期通院させ、あげくに障害福祉。さらこにここでも儲けようという魂胆。全て合法だが合法ならなんでもいいというわけではない。「人の体」が対象である。優れて倫理的、道徳的な判断が必要なのに、それを今の団塊世代以上の医師たちは潰してきた。世代に限定してはならないのだろうけど、特に目に余る非道が彼らにはある。「少しは恥を知れ」と医師に言いたい。こちらは何も好き好んでクスリや福祉を選んでいるわけではない。今朝は特に胃痛、胃の周りがえぐられる様に痛む。寒さと比例しているのだろうか?愚かしいクスリをのみ続けたためにこのような症状が長期固定化している。このような時に限って人生の危機。それは自分で招いたものであっても、どこか「必然」を感じる。それは、精神薬をのんでしまった者の陥る悪い必然を感じるのである。この必然から解き放たれる術はないのか?このまま飼い殺しにはあいたくない。とにかく看護師に一通り話すことが出来た。

苦しそうなことと、口渇(ドライマウス)を確認してもらい記載された。福祉には問題が多いとはいえ、今朝は助かった気がする。酷い痛みの中で一人過ごすのは昨年の錯乱を思えば、まだどこか希望がある。精神的な強さにつながるという希望である。肉体回復に関してはどこまでも未知数。寒さが特に弱り切った体をいじめ抜くのである。こうしてブログを書き続けることがいつまでできるかという不安があるが、もはや私の人生の一部になった。歩ける内は書き続けたい。クスリのストックは3月ごろまで持つだろう。なければないでそのまま過ごしてもいい。強制断薬という形になるがこの種類の断薬は去年経験済みである。とにかくこのような不健全な薬からの解放が本当の意味での治療の第一歩だと思うのだが、これもまた一筋縄ではいかない。暖かくなるのをひたすら待つしかない。今はあまりにも寒さが厳しすぎる。筋肉で保温できない辛さは、健常者には分かるはずがない。筋肉と皮膚の回復。体の内側から乾ききっっていると思う。治癒はかなり先の話になるだろう。治癒そのもののがあるかどうか非常に不安であるが信じるしかないだろう。残るは治癒を信じるということ。

<スポンサーリンク>

寒いので一日横になっている。体中の筋肉が落ちているので移動が辛い。
頻尿。 ノドの違和感があって食が細くなった。過去の思いで一杯。息も絶え絶え「なぜこんなことに?」
2年前2016年、自転車で外食に出かけてり、通院することが出来た。初診で大学病院へ行くこともできた。それが悪化し2017年には死を意識した。今年福祉導入で何とか年を越せたが、体の劣化は一冬ごとに進むのか、今日は特に苦しい。

何とかパソコンに向かいこうしてブログをつけることができるが来年以降は予想できない

もはや「社会的入院」と割り切って福祉に頼るしかない。訪問看護もこの観点からつけて置く。自分の立場を説明する。


筋肉回復はない。筋肉だけは自慢だったのに今や一番弱い。もう自転車に乗ることもできない。

食事もやっとである。
来年どうしているだろうか。福祉を導入し陣を敷いた。これ以上の策はない。耐えるのみ。

・風呂に入って脛を触ると「骨」になっている。湯につかっていても体温が上がらず長湯になる。
異常な体温調整、皮膚感覚。

固形物よりスープ類が適しているだろう。もう健常ではない。障害者だ。使える福祉は全て使う。

親には迷惑ばかりかけて申し訳ない気持ちで一杯だ。

いつまで起きて歩いて風呂に入れるのか

・去年の記事を読んでいる。今にも死にそうなことを書いていた。が生きている。生きた心地はしないがが生きている。

コメントやり取りした方々、当時記憶があいまいでした。今も肩で息をしています。
どうやら寒さが良くないようですね。

・表現力が乏しいので同じ繰り返しになりますが、微妙に違います。まだ2年前は自転車に乗って外出できました。2016年末以降からそれができません。ヒジの筋肉も落ちタイプ入力は斜めになっています。

18:32 レキソタン5mg 服用。断薬中断して少し戻したほうがいい。

昨年9月の投稿読んで再服用決めた。本当は薬害認めたくない。
が、下山日記の記述にあまりに共通点が多い。これが偶然なわけがない。
足裏 ヒジヒザ 臀部の筋肉薄化までが一致。これは偶然ではない。ストレス性云々と結論付けられるだろうけど。
私はむしろ、クスリを正当化したい誘惑に駆られている。



冬場は低気温が続くので筋硬直が起こりやすく、進行が早くなるのではないか。
一旦薬を戻して暖かくなってから漸減という方法もある。
レキソタン サイレース 戻して飲むか? ただサイレースは主治医も認めたが、「抜けられない依存性がある」

・筋肉減少 私の場合脂肪がつき丸顔なので、理解されない。ぎこちない歩き方で僅かに理解してもらえるが。暖かくなれば好転するのだろうか?

私見だがセルシン(ジアゼパム)が破壊的であったと8年服用歴と断薬で判断している。

レキソタンはそれほど破壊的ではないように思えるが昨年夏の断薬以降急な痩せが進行したので、
原因薬剤を確定しにくい。







<スポンサーリンク>

良い天気だが家で過ごしている。朝はお粥 味噌汁 昼は焼き鮭、ご飯 味噌汁。嚥下に違和感、のみ込みに多少の困難感じるようになってきた。朝に洗濯。洗濯干し。(洗濯回数増えた。この点改善)
食欲相変わらずなし。胃膨満感ノド嚥下の違和感慢性化。

ある方からのメッセージを頂いた。私と同じくレキソタン長期服用者で嚥下に困難ありとのこと。
抗コリン作用でドライマウス、胃腸障害など多くの離脱症状に悩まされておられるとのことで、
興味深く拝読。

私もベンゾの抗コリン作用と筋肉減少によって、筋力低下が胃の動き、嚥下運動に支障を及ぼしていると観察。コミュニケーションをとって嚥下訓練されているとのことで、以前ヘルパーに伝えた

『「食時と会話」が一番の緩和法』に信念を持つようになった。よって自宅での栄養療法と嚥下訓練を、意識的に回数を増やしたい。


これまで筋肉減少、皮膚脆弱 胃の痛み この3つを中心に考えてきたが、冷え込んでくると、嚥下にも困難が出てきた。栄養と運動 会話 心理的な療法。薬物によらない他の治療法を総動員しなければならないが、肉体的、経済的基礎がどこまで続くか不安は付きまとう。
福祉事業者への啓蒙活動もしなければならない。何より彼らは自らの法的
存在を自覚しておらずこの面の啓蒙も必要で苦しい日々が予想される。

何より劣化した肉体が一番の苦痛でブザマ。あらゆる誇りが打ち砕かれるが
コメント、メッセージ大きな励みになっていいます。

皆様本当にありがとうございます。


・嚥下 朝起きると喉まわりに丸い球を感じることがある。下山日記で記されていたとおり。
レキソタン長期服用による副作用だと思われる。耐性がついておりのまなくても同じ。

もはや断薬するしか道はないのではないか?

既に出ている障害を緩和し、機能訓練の必要がある。


PCに向かうのが難しいので乱文になりがちです。

メッセージ拝読しております。大豆食品(おから 豆腐など)ふんだんに使うとよろしいかと思います。 甘酒は添加物 砂糖のないものを選びたいです。
(余談)
・21時現在 ノドの違和感があまりに酷いのでレキソタンのまず過ごしている。
耐性離脱だと思う。ならば断薬したほうがいい。
5mg一気断薬だが、耐性がついているのでどうしようもない。

嚥下訓練をケアの一環に入れたい。


・専門員の私への背信行為は「差別」としか思えない。
それを看護師を使って私を「差別主義者」に仕立て上げようとしたのではないか?


背信行為、契約内容確認を要件に苦情を申し立てたい。


専門員の都合に立って彼らの背信行為を容認した私は、人が良すぎる。
ましてや障害者。 人権はある。
そもそも、このようなことを確認させること自体おかしいではないか・・?

契約書の法的根拠は障害者総合支援法だから、規約違反は違法になる。

事業所の義務など良識があれば、契約を出すまでもなく守れるはずだが














<スポンサーリンク>



久々の更新です。前回は筋肉萎縮が主に進行していましたが、
今は内臓の不調です。

筋肉も落ちていますが、食欲が極端に低下。

栄養を取るのに煮物中心のレシピでしのいでいます。


服用量少し増量しました。春先、調子よく減薬でき食欲もそこそこあったのですが、
6月末から体のあちこちが不調になってきました。


口内炎まで出てきました。免疫系等もやられてきました。

食事とるのも外出するのも辛いです。精神的に過去の自分を追い詰めるグルグル思考に悩まされています。


このブログには思いがあります。ネットができる限りまた更新します。

コメント欄のお返事遅くなるかもしれませんのでご了承ください。









<スポンサーリンク>

↑このページのトップヘ