ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。





<スポンサーリンク>



断薬・減薬 ベンゾジアゼピン 薬害・後遺症

<スポンサーリンク>

今度は断薬せず、レキソタンで安定を計っています。
たかがレキソタンといえど、長期服用した自分には抜きがたい薬物です。


服用当初は飲み忘れることが多く、そのまま自然断薬が可能でしたが、

仕事や家事の重圧でレキソタンとセルシンというカクテル処方で
精神的にも肉体的にも依存し中毒と化していました。

2015年の大幅な減断薬時は、大量の発汗と胃痛。

まさしく離脱症状でドクターショッピングを繰り返したものです。


その後は体が衰弱する一方。
とにかく食べて体重を増やすことが命にかかわると判断し、
食べに食べました。
福祉を導入し助かりました。

欲を言えば、初代のケアマネ、相談支援専門員のTが「普通」なら地獄の苦痛

に追い打ちをかけられることはなかったでしょう。

今の2代目相談支援専門員Eさんは、今のところ、とても良い方です。


私はこの一年福祉の勉強をずいぶんしました。


障害福祉医療費制度まで勉強し申請する準備をしています。


福祉医療をネットで研究すると、公には知られていない得をする福祉制度がたくさんあるんですね。

こうしたことを研究し、お金を節約しながらケアをすすめ、収入を増やす努力を希望しています。

筋肉と皮膚症状は日にち薬で治ると信じています。
体温を取り戻し昨年と違い部屋を換気する時間が多くなりました。

回復の兆しかもしれません。(背中は硬直したままですが・・・)

レキソタンを戻したとはいえ、治療の一環と割り切り、
罪悪感を持たないよう注意したいです。



福祉で人の力の大切さを知りました。

この年で学ぶこと多いです。


<
<スポンサーリンク>

久々に不眠です。起きています。午前4時です。体中強張っていますが、
胃痛が少し和らいでいます。
前記事で書いた横隔膜が関係しているようです。
ベンゾジアゼピン離脱の反跳作用で横隔膜が極度に緊張状態にあり、
胃痛、咽喉の痛み筋肉減少として現れていたと思います。

横隔膜が強張っていたせいで皮膚感覚が鈍り、内臓の不調もあったと思います。私はレキソタン、セルシンの1日最大量の合計30mgを長年常用していましたから、身体依存がものすごく強かったと思います。
その反動で横隔膜を中心に体中が強張り、逆流性食道炎、慢性胃炎、
嚥下違和感などがひき起こされと思います。
中枢神経が壊れたというより、ベンゾジアゼピンの反跳作用だと思いたいです。
あまりにも長期にわたっていますので、その苦しみの渦中にいる時は何度も死を考えたほどです。

このような中で一人で過ごすというのは、非常に危険なことで、福祉介護の力がなければ認知症になっていたのは確かです。それほど離脱は恐ろしい精神・身体症状をひき起こすのです。

症状は一進一退で、少しの緩和では喜んでいられません。が、今朝はほんの少し楽な感じがします。

薬物にさえ手を出さなければ苦しみで多くの時間を失うこともなかったことを思うと悔しいです。

今は横隔膜の強張りを少しでもほぐしながら認知機能訓練をすすめていきたいです。
ベンゾ服用中はあまりにも思考力判断力が低下し、人生を大いに間違いました。
大きな「心の傷」として残るでしょう。

あらゆる不幸を運んでくるベンゾジアゼピン、一時の楽は悪魔の苦しみを運んできただけでした。


本当に後悔しています。




<スポンサーリンク>

レキソタン1日15mgって一日上限でしょうけど、普通1~2mgで他にセルシン15mg(1日)まで処方されていたのですから、かつての処方は犯罪的に多すぎだと思います。

今は一錠5mgだけですが、5ミリ玉は一錠だけでも多すぎです。

私は常用量離脱から、減断薬で後遺症が出ています。「筋肉減少」が一番つらい。

手足だけでなく首、胸、肩回り、腹筋、背筋すべてです。
息が浅いです。(中枢神経の故障としか考えられません。栄養摂っても吸収されません)
原因薬剤レキソタン、セルシン以外考えられません。
再び下山日記を読みなおしています。

回復例がない、と悲観的な記述しかありません。
行動機能が低下し、終日臥せっています。それも病的です。



外出困難。自ら外に出ることはありません。寒さで余計に筋肉硬直が起きていようです。

福祉業者とのコミュニケーションがとれていないです。所詮「一利用者」に過ぎないのでしょうか?

食欲も全くなくなり、小食で1日1食くらいです。
もともと大柄なので、痩せても見た目にわかりづらいようです。

皮膚は乾燥肌でこれも辛いです。
ノドの違和感もあります。

手足の指がモノに当たると響きます。

薬物量が多すぎたと思います。短期処方前提を長期処方する医者、処方にストップをかけない薬剤師が悪いのです。食い物にされたあげく障害者として忌避ですからね。

何もかも最悪です。

精神薬をのんだ自分、短期でやめなかった自分を悔いる日々です。


・後悔しつつも19時、痩せを食い止めるべく、レキソタン4.9ほど投下

キンドリング現象です。


<スポンサーリンク>

気絶のような睡眠。
それでもいつもより眠れて6時ごろ起床。

風邪のためか頭痛有り。

食欲少し出てゆで卵とご飯で朝食。

10日ほど前に父が送ってくれた栄養ドリンク=体に悪いとわかりつつ服用。
大量のタウリンが入っているためか少し体力がついた感覚。

・9月ごろまで「嚥下」に違和感があり、
不安だったが、最近になって咽喉の違和感が少なくなった。

ただ9月はALS症状を疑ったくらい筋肉減少がすすんだ頃で腕、肩、背中、臀部の痩せが加速し、
一時はPC操作断念を考えたほど。今は薄くなった体で悪い姿勢でのタイプ入力になれた。


が細くなった腕を持ちあげるのが困難。

足裏の薄化は小康状態だが時折、突き刺したような痛みが走る。

布団で休んでいるとき重力感がまったくない。無重力感覚で1日を過ごしている。

体全体は貧弱。が、もともと体格ががっちりしていたので、外見上はあまり理解されない。


・血液検査  食事療法で太ったためかCK値  141→217 (11月採血)
・中性脂肪は274と高め(やはりそれなりに食べているためか・・)
ALT 48 ↑  


やはり肉卵を小分けでも食べ過ぎたようだ。


CK(CPK)値下山日記主様は40台とかなり低下しておられた。私も一時120くらいまで下がった。(去年は140くらい)

筋肉減少とCK値は比例しているとのご指摘を下山主様はされていたが、自分は足裏の薄化に関わらず、脂肪で稼いだためか、CK値の上昇があった。
甲状腺機能 TSH 1.60
FT4  1.2

これも正常値なので甲状腺ホルモンの乱れ血液検査上はない。
これを回復と見るべきだろうか。

血液検査は精神科で行ったもので参考程度にしかならない。

そもそも全身の筋肉減少や胃の不調の解決にはならず。


いずれにせよ、向精神薬の薬害作用だとわかる。筋肉は内側からそがれているので、
それが食道や胃の痛みに反映されている。

引き続き筋肉が落ちると(減少する)と痛みが緩和される。しかし症状は流動的なので、
いつまた痛みに襲われるかわからず、断定もできず喜べない。


減薬は進んでいる。完全断薬してもよいが、「筋肉減少が一気に進むのでは?」と不安。


・中枢神経の故障 ・・・ 信じたくないが、神経伝達に異常があるのは確かで、
これを訴えると重度の精神病扱いなのであまり訴えることができない。

薬害と食事療法に理解のある介護士・ヘルパーの存在が助けになっている。





↑このページのトップヘ