ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)



<スポンサーリンク>

看護師

「会議」というものが大切だとわかりました。

あまり意味のないどこかの会合とかそういうのではなく、身近なところ 家族や仕事関係者のあたり、
会議がなされていますか?

会議がなされていないと思います。

計画も大切です。が計画無しで物事が進んで混乱を来したこと多いです。


私は会議と計画の大切を教わらず育った子供 (その親は無意識的に会議をしているのですが)

災難だらけです 意思の統一方法を知らない

本の知識だけで対処しようとしてドツボです。

これは育てた大人に責任があります。私もいい大人ですが、形式的な会議しか知りません。



その親もまともな会議のやり方がわからない。形式だけの会議ではないでしょうか・・・?

これからサービス担当者会議を開催しようと思います。
本来はケアマネが唱導してやるところです




ある福祉業者の助言で会議の大切さを知りました。

何事も会議で決するくらいでないといけませんね



仕事の会議に限定するのはもったいないと思うのですが・・・

これから「会議」を重視した生き方をしたいです。

福祉に必要なのは会議 そうでないと、意思はバラバラでトラブルばかりになります。

最近気づきました。ボロボロの体で気づくこと多いです。

(追記)
強い組織でないと困難は乗り越えられない。障害福祉もチームで組織。

強い組織には会議が必要。

会議を重ねることで意思統一が形成されれば、虐待は減ると思う。

福祉業界には個人プレーの好きな女性と独裁的な男性ケアマネが横行。

サービス担当者会議とて、本来はケアマネが提唱しなければならない。

(サービス担当者会議は介護用語でモニタリング会議というらしです  4日追記)


(メモ)

16:53 2018/02/01

レキソタン5mg投下

無理しない。脳のバランスをこれ以上乱さない。



不調一覧 ベンゾジアゼピン後遺症


精神科は今日も、やりたい放題という本を再読。

寒い日が続く
昨日からの嘔吐で絶食  水だけで過ごす 気絶するような睡眠 過去への思い 先への不安がよぎる。

昼過ぎ 訪問介護あり 飢えと寒さと孤独に打ちひしがれていた中のヘルプ

介護士につくってもらった料理 洋風おから 生姜焼き 大根煮物 家庭の味 小分けにして食べている。実においしい

会話良好  年末ただでさえ孤独な日のひと時の安らぎ 感謝 
年末特に孤独さが増す 訪問介護に助けてもらった

昨日からの嘔吐は絶食と睡眠で少し収まりつつある

介護士さんのお蔭で少し元気が出た

体中のこわばりがあることには変わらない、ほんの少し元気が出る これが継続すれば健康に近づくのだろうが、まだまだ時間がかかる

入浴回数はこの2日で減った 体調不具合により入浴回数が減ってちょうどいいくらいだが、全身苦しいままだ。
今年の春に今冬の死を予期していたが介護士らのお蔭で助かった。
とはいえ寒さは心身に負担がかかる。

祖父が永眠したのも今年の2月だ。故人を偲びながらも自らの症状と不甲斐なさを思い後悔する

時折 我に帰ることあり 「脳に作用するクスリの怖さ」をあらためて実感

<皮膚について>

全身 乾燥肌である  2016年7月から汗をかかなくなり(実際はかいているのだろうが)
 「おかしい」と思いながら日々を過ごしていると 筋肉減少とともに 胃痛が進みついに乾燥肌が慢性化した

どうやら筋肉減少と連動して体が崩壊するかのように表皮である皮膚が脆弱化 冬場の異常な入浴回数(反対に夏場は入浴回数極端に少なくなる)も乾燥肌・皮膚の脆弱化のためだろうと容易に推測できる。

乾燥肌で汗をほとんどかかないので、下着を変える回数が極端に少ない 週に2~3回である。
以前はこのようなことはなかった 夏はもちろん冬でさえ必ず毎日下着を変えていて、入浴後も小まめに着替えていた。

それが去年の7月 夏頃からほとんど汗をかかなくなり一時は「無汗症」を疑ったくらいだ。

汗がほとんどでない違和感 それに伴う「耳鳴り?」のような症状 、私個人としては耳鳴りと断言できないが、ツーンという小さな音が乾燥肌が本格した去年の夏から響くようになった。去年の夏、今年の夏も同じだ。そして冬になった今も。

一日布団にいても、以前のような不快感がないのは乾燥肌 皮膚脆弱化のためだろう。もちろん、筋肉減少による無重力感覚も原因だろう。
乾燥肌の件、ネットで相談すると、「ワセリン」「ソンバーユ」を紹介され購入したが、「ワセリン」が少しばかり役立つ程度である。
根本的な解決法はない。10月からの異常な卵摂取(週・24個)はタンパク質を摂取し以って筋肉にしようという生命の衝動かもしれない。異常な入浴回数も同じ理由、皮膚症状の緩和を体が欲しているからだろう。

皮膚異常は、内分泌(ホルモン)が影響しているのは確かである。
「時間薬」で治るのか?」いつも思い浮かぶ問いである。「筋肉減少 乾燥肌 皮膚脆弱」どれも ベンゾジアゼピン薬害の作用 2016年の夏(7月)から本格化 慢性化 固定化 厄介な薬を常用した。

体内から「何も合成されない」感覚が慢性化 体内異常を察知している。これをいくら常人に説明しても信じてもらえない。
「皮膚は生命の要塞」 という指摘(表現は正確に覚えていないが)をアレキシス・カレルというナチスのお抱え優生学者が書いていたのを覚えている。読んでいた当時はアレキシス・カレルがヴィシー政権下のナチ御用学者とは知らず「そんなものか」と参考程度に流し読みしていたが、優生学の実践場である精神医療の精神薬ホロコーストに自らがターゲットとなり、刈られるとは夢にも思ってもみなかった。それはともかく皮膚が最初の外敵(細菌など)からの防御ラインであり、

最終的な温度、水分調整機能の役割を果たしている重要な器官の一つで
皮膚に異常があるということは死に限りなく近づいていることを意味する。


ベンゾジアゼピン  精神薬 精神科」からナチス的な優生学的なるものを感じ取っていたが、「それは前世紀の遺物、過去の負の遺産」と割り切っていたが、同じ歴史が繰り返されている。

「精神薬=優生学 」内海聡氏の著書やツイッター FBでも指摘されており、共感できる。

ベンゾジアゼピンへの安全神話 
アメリカ型マーケディングに見事に騙された 「ストレス社会」「安全」などの宣伝文句に騙された。愚かだった。

普通に考えれば、脳に作用するクスリが安全なわけがなく、それを「処方」として国が公認してているのは、単なる儲け主義、利益だけでなく。政治的な思惑があるのは当然である。

これだけの被害者の多さを放任されるのは、日本国政府が日本人の利益を考えていない証左であり、
大改革を保守の側からもなすべきである。

いずれにせよ、ベンゾジアゼピンは最後の代謝といわれている皮膚に影響を及ぼすのは確かである。

服用し始めたころ疲労すると手の甲に「ただれ」ができた。当時自然治癒ですぐ手の甲だけは治って今もないが、この時点で体への異物と察知してやめるべきだった。

東京裁判史観 ・WGIP  ドラッグ 精神薬の蔓延 新興宗教・・
戦後一貫して反日的ななにか、日本人弱体化プログラムが各分野で実行されているのは確かである
(戦前の日本=日本民族保護のための優生学  戦後の日本=日本民族弱体化 絶滅のための優生学)

優生学だけではない、教育、法律、経済あらゆる分野での戦後の反日的プログラム。これは最近さまざまな分野の方々が内部告発し、明らかになっている)

薬害を通して辛い中でも戦後一貫して日本人へなされてきた何かを感じざるを得ない。

(乱文お許しください ツイッターでつぶやく感覚で「下書き」していた独り言を記事にしました)

18:09 レキソタン4.9mg

断薬しようと思ったが、無理せずのんだ。
断薬は危険 まだサポート体制はない。

皮膚 乾燥肌問題 今のところ湿疹はない。ただ全体的に皮膚の脆弱があるのは確か。











↑このページのトップヘ