ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。





<スポンサーリンク>



ヘルパー

<スポンサーリンク>


人間関係に疲れています
ヘルパー二人と看護師一人体制なのですが、ヘルパーと看護師の仲が大変悪く(お互いあわせたこともないのに・・・・)

あるヘルパーの一人が私の寝室の入り口で掃除しながら様子を探り、時折、仁王立ちになり様子を探っていました。最初は「ただの好奇心だろう」と思っていたのですが、訪問看護のファイルを私が隠していた(12月の教訓で)のを、ヘルパーに見つかったようです。そもそも、浮気でもなんでもないのに・・・


それがもう一人のヘルパーに伝わってようで、今では事業所ごとに伝わり、先日実質、訪問拒否の理由にされたようです(一日だけ「子供の急病」という表向きの理由での欠勤)。

あくまで私の推測ですが、ヘルパーの様子がおかしかった急な欠勤は、実は訪問拒否だったのでしょう。
看護師のファイルを枕元に置いていたのが良くなかった。(というか放っておいただけです)

こちらが気遣って看護師の存在を隠しているのが良くなかったようです。

私は金も体力もない、40代の男です。何の魅力もない。
下らない対立するくらいなら、看護師外します。
で「ヘルパーの一人が私の面倒みてください」と言いたい。

面倒見てくれるなら、生活保護にも落ちずに済む。
ノロケ話ではありません。

体ボロボロで毎日「死」を意識しているのに、看護師のことでヘルパー達の顔色を見なければならない。

本当、面倒見てくれるなら、私はどこでもいいです。


アドセンスに落ちるし、踏んだり蹴ったりなのに。

皆さん応援お願いします。

追記)


福祉業界の身分制は強く「看護師」の存在がヘルパーを刺激したのでしょう。その不満のはけ口は障害者なのです。






<スポンサーリンク>

午前中、体の痛みをこらえながら雑炊で軽めの朝食。


体中の痛みと筋肉減少で布団でうずくまる。

午後訪問介護有り。 ヘルパーに食事を作ってもらった。

おから 卵料理 もやしの和え物 など。

ネットスーパーで揃えていた食材が役にたった。

珍しく会話良好。椅子に座ることができたが、臀部の筋肉減少と腹部の痛みを我慢していた。


あまり泣き言を言うとトラブルの元と自らを戒め黙る。 病人は病苦の上にさらに隠忍自重を要求される。
12月も半ば、早いものだと介護士と会話しつつヘルプの時間が過ぎ去った。


あとで虚無感が残った。何とも言えず。

・介護士の作った食事や自分の体の一部を撮影してアップロードしてもよいが、
どこか気が引ける。



・この後レキソタンをのむかもしれない。

クスリとはしばらく縁が切れないだろう。

・レキソタン5服用

無理しない。戻す。筋肉は戻らないが(原因は本当に薬剤だろうか?・・・)
薬剤にないにせよ、体の端々が骨ばってきた。下山日記様にそのような記述があった。

これは間違いない。が、信じたくない。

延命措置での服用を容認するか   迷う。




↑このページのトップヘ