ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)



<スポンサーリンク>

行政手続き

体が衰弱する中、お金のことが心配なので、市役所にメールを送信した。
生活保護の事前の相談のため。返信が来たので、
読了後さらに返信をした後、役所の担当の人に電話を入れた。

こちらの事情は全てメールで知らせていたので、話が早かった。

生活保護は40代の私だと、月8万167円になるという。これに住宅扶助がつくと12万くらいになる。
この額が世間に報道されている額だという。

通常の生活扶助は8万と少しで政府はこれからさらに減額、打ち切りの方向になるという話を聞いた。

生活保護は「申請のタイミング」が問題で申請から最長30日で審査の結果が出るという。
今の自分の資産状況だとまだ時期尚早で、就労支援で働くことも、「病状の悪化につながるのでやめた方がいい」と一通りアドバイスを受けた。

「障害年金の審査が通れば、生活保護はない」という話も聞いた。
とにかくギリギリの状態にならないと、
ダメだという、ネットでよく目にする話は本当だった。

それにしても、月8万の生活扶助 ここから支出を切り詰める「指導」までされる。
「病気で働けないものはどうすればいいのか?」わからなくなっている。

わずか月8万のために必死にならなければならない程落ちぶれた。

株でもやろうかと考えた。
投信でもいい。が、「時間を味方につければ」なので、今の自分には若さもお金も少ない。
自分よりかなり若いヘルパーに投資の話をすると、すごく喜ばれたが、一方で生活保護の相談。
複雑な気分である。


向精神薬を飲まず、若い内から「時間を味方につけ投資」でもしておけば、と悔やまれる。

生活保護など別次元の話だったはず・・・

メモ)生活保護予備知識 3要素 

1)生活扶助 月8万

2)住宅扶助 家賃相当

3)医療扶助 かかった分(実質現物支給)

・申請した時点で「生活保護の方」扱い。

生活保護になると「国民健康保険」からの脱退が義務になる。実質非国民扱い。


行政は、生活扶助は削るけど、医療扶助は削らない。無駄な医療ばかりなのに、
医者の利権だけは手つかず。
精神科など関わらなければ、
生活保護とは縁もなく普通に飲んで食って歩いてという日常を送れたはず。
それができずわずか8万の金で国民としての権利を停止される。
(人権は建前上あるが・・・)
試験秀才のつくったシステムの中で飼い殺しにあっている気がする。


生活保護 参考サイト(役所の説明と少し違います)

生活保護申請のたった2つの条件

http://seihokanzen.xyz/2015/11/14/jouken/


17:35

レキソタン5mg投下


精神薬と生活保護は相性抜群ですね。
両方避けたいものなのに。

貯金が20万切ったら生活保護申請しようと思っています。





病院に役所。昨日1日大変でした。タクシー移動なので次の来る経費を考えると、
役所ではここぞとばかりに、手続きや質問を職員さんい尋ねました。
3時間以上いました。(午前中の病院にも3時間費やしました)
健常者と同じレベルで行動しましたが、昨夜からダウンです。


これから障害者としていきるのにも時間とお金、
パワーがいります。移動に関してまだタクシー移動できるだけありがたいです。



とにかく、へとへとです。肺のあたりがおかしい。痛いです。胃の調子も相変わらず悪いです。

過去への後悔と自責の念ばかり去来します。


・コメントありがとうございます。返礼の言葉が浮かんでもその先のブログ更新につながらないのです。


今朝は今朝で冷蔵庫の修理依頼。


先のことも不安ですが、とにかく身の回りを整えることが先決と気力を振り絞っています。


胃の不調は悪く、いまだに地獄です。ただでさえ健康的に不遇だったのにクスリでさらに痛めつけられ

福祉に希望をかけているのですが、ここも踏みつぶされるでしょうね。ですがかけるしかない。


・30代に戻りたいです。銀行から金借りて東京でよかったんです。


ええ、借金残していたかもしれませんが、それでも意味不明な日常を繰り返していたことよりましでしょう。



福祉と同じ薬害者との交流をはかりたいです。






通院6か月以上の人は、早めに障害手帳をとっておいたほうがいいですよ。あと自立支援も。

役所に診断書ありますから申請希望すれば取得できます。

かかりつけ医にもっていって診断書を作成してもらい(数千円)

役所に申請すれば、手帳と自立支援を受給できます(数か月待ちですが)。

手帳があればさらに障害福祉総合サービス受給も申請できます。



この流れがわかるのに一年かかりました。

離脱で苦しむ前に受給申請しておけばと後悔しています。


メモ代わりに (減断薬の経済的負担軽減のために役立てて下さい)

1)精神科へ半年以上(6か月以上)通院。→市役所福祉課で障害手帳&自立支援を申請。
→申請用紙、診断書をもらう。

医師に書いてもらう診断書は市役所にある。(自治体によって異なると思いますが)
こちらが役人に申請の意思を伝えると、取得することができます
(申請の際、健康保険証、身分免許証など必要なので忘れずに)


2)役所でもらった診断書を持って主治医に渡す。

3)後日医者から電話があるので取りに行く。(ああしんど)


その書類をもってさらに市役所福祉課へ行き提出。


自立支援、手帳が送付される。
さらに障害サービスを受けるため

手帳をもって障害福祉サービス受給者証の申請に行く。

これでホームヘルパーなどのサービスを滞りなく受けられる。


↑このページのトップヘ