今度は断薬せず、レキソタンで安定を計っています。
たかがレキソタンといえど、長期服用した自分には抜きがたい薬物です。


服用当初は飲み忘れることが多く、そのまま自然断薬が可能でしたが、

仕事や家事の重圧でレキソタンとセルシンというカクテル処方で
精神的にも肉体的にも依存し中毒と化しました。

2015年の大幅な減断薬時は、大量の発汗と胃痛でまさしく離脱症状でドクターショッピングを繰り返したものです。


その後は体が衰弱する一方。とにかく食べて体重を増やすことが命にかかわると判断し、
食べに食べました。
福祉を導入し助かりまあした。欲を言えば、初代のケアマネ、相談支援専門員のTが「普通」なら地獄の苦痛

に追い打ちをかけられることはなかったでしょう。

今の相談支援専門員Eさんは、今のところ、とても良い方です。


私はこの一年福祉の勉強をずいぶんしました。


障害福祉医療費制度まで勉強しています。


ネットで研究すると、公には知られていない得をする制度があるんですね。

こうしたことを研究し、お金を節約しながらケアをすすめ、収入を増やす努力を希望しています。

筋肉と皮膚症状は日にち薬で治ると信じています。
体温を取り戻し昨年と違い喚起する時間が多くなりました。

回復の兆しかもしれません。(背中は硬直したままですが・・・)

レキソタンを戻したとはいえ、治療の一環と割り切り、罪悪感を持たないよう注意したいです。



福祉で人の力の大切さを知りました。

この年で学ぶこと多いです。
<