ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。





<スポンサーリンク>



2018年01月

<スポンサーリンク>

横隔膜のこわばり、今日は緩和されています。気温が少し高いためでしょう
か?いつもより過ごしやすいです。胃の痛みは苦しみは横隔膜の強張り、

コリが原因だと思います。2年以上の長期ですので、薬物によるものでしょう。
離脱症状でよく言われる「筋肉のこわばり」「ピリピリ感」が強く慢性的に出
たものだと思います。

当然、24時間ずっと苦しみの中です。神経伝達もおかしくなり、

空腹感も満腹感もない状態が続いています。ベンゾジアゼピンは筋弛緩作用があります。
セルシンなど整形外科で処方されるくらいですから、
この薬を一日最高量の15mg(5mg×3)

も飲まされていた、依存させられていたのですから、離脱による反跳作用はも
のすごい横隔膜の強張りが出ていると思いました。冬場は特にきついです。

食べ物がほとんどいらなくなる状態が続きますので、胃腸が荒れどうしよう
もない状態が続くのです。


これを消化器内科や外科で見てもらっても、原因不明で精神科扱いです。
2017年4月にはは今日度の便秘で慢性偽性腸閉塞を疑いました。それでも異常な
し。便秘はその後改善されましたが皮膚異常と胃痛はずっと続いています。

今日くらいです。ほんの少し緩和されているのは。

精神薬、ベンゾジアゼピンの耐性依存、常用量依存の症状はほとんど報告例がな
い、あっても「ないものとされる」ので、多くの薬害者の方々は苦痛緩和のために
さらなる精神薬漬けにされると思います。


出口がなく、肉体症状と精神症状が続くので悲観し自死を選ばれる方も多い
のと思います。他人に人の痛みがわかるわけがありません。説明し難い長期慢性
の苦痛が全身に及ぶのです。精神薬の残虐性を歴史を紐解いて考えてみれば、
「拷問」のための苦しみを与える、道具がクスリだとわかるはずです。


筋肉減少は強度の筋肉硬直、横隔膜の硬直によってもたらされるのではないでしょうか?

中枢異常でもありますが、本当に中枢神経が壊れていたら、動けるはず
がありません。何らかの拘束が脳にかかっているのは確かですが、
中枢神経が壊れているとは思いたくないですし、信じたくないです。

横隔膜の強張りが原因であると信じたいです。横隔膜が緩やかになり、
滑らかさを取り戻せば、体を動かしやすくなるでしょう。筋肉も少しず
つ取り戻せると信じたいです。


19:09 2018/01/31

レキソタン5mg投下

訪問看護 交代してもあまり良くない。
どこか精神障害者を馬鹿にしているような・・・

それとも本来関わってはならない人達なのか

福祉も医療もあてにならん

<スポンサーリンク>


呼吸が浅くなっています。筋肉減少が少しずつ進んでいます。どこまで進むかわかりません。眠っても息が浅く途中で目が覚めることもあります。寒さが増してくると呼吸を特にし辛くなります。家にいて

「このまま死ぬのではないか?」という不安に駆られること多いです。病院へ行って治るものではありません。最低限の家事以外は、ひたすら横になってます(倒れています」。気候が温かくなれば、少し

は痛みが緩和されると信じたい。回復すると信じたいです。食欲は完全になくなり、義務感で食事を少し摂っています。この苦痛は、クスリによってもたらされたのでしょうか?ベンゾジアゼピンの害を認

知しつつも、「別の原因ではないか?」と他の原因を探りがちです。正直、こういうクスリの話題はやめたい。今、半分混乱しながら、書いています。胸回りはどんどん痩せ昨年7月に購入した寝装がブカ

ブカになりました。この痩せ方はどう見ても異常で、ヘルパーさんでさえ、筋肉の痩せを認めたほどです。もう他覚的にも痩せがて呼吸も浅いです。完全に病人です。足裏はペタペタ、時折刺すような痛みがあります。

「これはもうダメだろう」という思いがあります。物理的に失った筋肉の回復があるはずもなく、ただ途方に暮れるばかりです。あまりに残酷です。減断薬の結果がこれなのだから、ずっと飲んでおいた方

がよかったのでしょうか・・・このまま断薬してリハビリをすればどこかでV字回復するのでしょうか・・・わかりません。今はもうブログが生存証明になりました。薄くなった体での操作はやり辛いで

す。頑張って更新しています。精神薬、優生思想の怖さを身を以って体験しています。内科では為す術無し。抗うつ剤を処方されそうになっています。それでは解決に至らないことは十分に分かっていま

す。むしろ悪化するという報告さえあります。筋肉を失うということは、痛みだけでなく、行動が大幅に制限され実質、老人以下です。GABA受容体の回復がカギなのでしょうか?どうすれば回復するので

しょうか?時間薬なのでしょうか?アシュトンマニュアルにもこの点はあまり触れられていません。
そもそも脳のGABA受容体(レセプター)に結合するベンゾジアゼピンが安全なわけがありません。

レキソタン(ブロマゼパム)やセルシン(ジアゼパム)といったマイナートランキライザーは、GABA受容体の外側に結合するらしいです。これだと治りそうなのですが、ニューロンにまで浸透しているのででしょうか・・・ひたすら時間薬を信じています。

アシュトンマニュアルでは、ニューロンにまで浸透すると記載されていました。これが本当な
ら断薬しても神経変性に至っていると考えられ、「いくら栄養を摂っても吸収されない」、

「運動しても疲れない」とういう不自然な状況に陥ります。不調を病院で検査しても異常なし。
そもそも脳の神経を検査する手段がありません。「なぜこんな危険なクスリを出すのか?」

私の話を聞いたヘルパーさんの素朴な疑問の言葉です。当然の疑問です。その答えは前記事で触れた優生学にあります。優生思想、優生学を実践する精神科医だからこそ、このような危険な薬を長期漫然処方することができるのです。

ちなみに睡眠薬(フルニトラザパム)は、GABA受容体・レセプターの内側にまで浸透します。私はそのイラストを見てロヒプノールを11年前に辞めました。2017年、サイレースを再服用しましたが、これもすぐにやめました。「依存性が強いのによく辞めれたねー」と主治医。依存性が強いことをわかっていて処方していたのですから悪質です。私は睡眠薬に関してはこれと言った離脱症状もなく抜けます。特異体質でしょうか?とはいえロヒプノール服用していた30代前半、服薬ですっ飛ぶような感覚を持った記憶があります。今考えると恐ろしい行為でした。
<GABA受容体>wiki

http://www.wikiwand.com/ja/GABAA%E5%8F%97%E5%AE%B9%E4%BD%93
<その後 記事追記>

この方とよく似ている
ベンゾジアゼピンの断薬に失敗しました
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11147389486
<スポンサーリンク>

終日臥せっている。気絶するような睡眠。食欲ないのに、義務感で食べ、
過食気味又は拒食の繰り返し。
筋肉は落ち、腹が突き出て動きにくい。一種の栄養失調だが、中枢作用の異常からもたらされているように思える。出入りのヘルパーさん達には私は健常に見えるという。

体は健常な頃とかなり変化して、動くのも辛いというのに、人目にはあまりわかりづらい。もしかするとヘルパーさん達が気遣って言葉を慎んでいるだけなのかもしれない。

今もPCを前にしても以前のようにタイプ入力できず辛い。重度のベンゾ中毒・向精神薬中毒から減薬、断薬し、禁断・離脱症状、後遺症の苦しみの中にいて数年経過。
体温調整、嚥下機能、消化機能が低下しているので、日常を送るのが困難で苦痛である。
息が浅くようやく生きている状態。
ブログだけが生存証明。本格的に苦しみの記録をつけて3年以上になるが、今から振り返ると、死にそうな時を何とか乗り越えてきた様子が過去ログから伺える。
筋肉症状は決して良くない。むしろ進行している。福祉サービスを導入し、正気を保っているものの、
出口が見えず、煩悶とした日々を送っている。

「横隔膜の硬直」
胃付近のの痛み、食欲不振、筋肉減少(減退)これらの症状は全てベンゾジアゼピン禁断・離脱症状、
ベンゾジアゼピン後遺症に伴う「横隔膜の硬直」から来ているのではないか?

横隔膜も筋肉なので筋弛緩作用のあるベンゾジアゼピンからの離脱・反跳作用で横隔膜が極度に硬直し体の内側、内臓回りの神経伝達が不調になり、内臓運動が阻害されるのではないだろうか?

ベンゾジアゼピンがGABA受容体に作用し中枢神経を抑制し(この辺のメカニズムはよくわからないが)
筋肉に働きかけるので、反跳作用で、横隔膜の緊張として作用しているように思える。

呼吸が浅いのは横隔膜が薄くなり、肺の収縮運動が円滑でない現れからだと思う。おそらく、胃の動きも同様に、胃の周りの筋肉運動(蠕動)が阻害されているためだろう。

背中の強度の強張り、突っ張りも同じ横隔膜、筋膜の運動が円滑でないため、ひき起こされるように思える。

筋肉減少は栄養の吸収が阻害されるためではないか?こうしてみると脳の中枢神経が破壊されたからでなく、内臓回りの神経伝達の支障によって引き起こされた筋肉、横隔膜の運動障害=消化吸収、呼吸機能の低下が原因ではないか?
これなら、筋肉、横隔膜を緩めていけばいいということになる。ただ筋肉の全ての司令塔が脳の中枢神経に委ねられているのなら、どうしていいか分からない。なんの希望もなくなる。

「末梢から中枢は反応する」という脳機能のレポートをKB様から頂いた。もしこの理論が正しいのなら、
「横隔膜を自然に緩めることで、中枢神経も正常に戻るではないか?」
と素人理論で時間薬への希望が出ている。

「中枢神経」、「GABA受容体」など、常人が意識しない脳機能を毎日のように考えるようになっていること自体病的なのだが、希望を望むあまり考えに考えている。

仮説で納得したところで、絶対的に治るという保証は何はないのだが、少しでも治ると信じたい。

・足裏、ヒジヒザ
横隔膜の衰退から胃痛、食予不振を説明出来たとしても、足裏薄化、ヒジヒザ回りの急速な筋肉減少は、説明できず、やはり中枢神経の故障という悲観的な答えに帰結する。
GABA受容体の損耗というのがアシュトンマニュアルで説明されており、多くの人が、ブログで「GABA受容体の回復を待つ」記述をされている。

しかしアシュトンマニュアルでは「筋肉減少」筋肉減退についての記述はなく、ここでも孤立を強いられる。
このようなことを考えながら、布団で終日臥せている。
生きているのか、死んでいるのかわからない生活。昨夜意を決して外に出てポストまで歩いたが、服を着ているというより服を被っている感覚で歩いても地に足がつかない宙に浮いたような感覚がした。

これらの症状を説明してもすべて「主観」に基づく妄想と扱われる。
つまり何を言っても「精神病」扱い。
「頭がおかしい」扱いをされる。感のいい医師はすぐに精神科をすすめながら
、暗に私に薬害であることを仄めかした。

出口がない、答えがない、時間薬もあまり信じられない。どうしてわかず徒に時間が過ぎていく。
これを少しでも食い止める良い手立てはないものだろうか・・

「GABA受容体」

やはり脳の中枢神経、GABA受容体の損耗が正しいようで、GABA受容体の回復を待ちたいです。
ただ、遷延性離脱=後遺症となると、「再服用」としか書かれていませんでした。
これで飲みなおすとキンドリングですね。

減薬が急激過ぎたようです。レキソタン、セルシン それぞれ一日最大の15mg×2=30㎎の長期服用でしたので、減薬は慎重になすべきを、主治医の指導で大幅に減らされ、離脱から遷延性の症状が出て今に至ります。
一気断薬される方もおられるので、何とも言えませんが、私は焦って減らしました。家庭環境も良くない状態でした。今から再スタートというのは、あまりにもリスクが高いように思えるのです。

(メモ)
14:43 今日は早めのレキソタン5mg投下。

少し戻しすかもしれません。

過去ログみると、昨年6月再服用で調子戻していたようです。





<スポンサーリンク>

極端に寒い日が続きます。朝から横になっています。体が硬直し、全身が痛みます。
精神的にも強迫的に過去の記憶が甦り苦しいです。

入浴回数がこの数日減って水道代を気にしていたところ、
郵便受けに水道代の通知。

何と23000円!

先月ガス代も2万円台で驚いていたところですが、水道代まで2万円台。

水道代は2か月に一度ですから月に1万の計算。これでも多すぎます。一ケタ多い金額です。
仮に生活保護を受けると、「指導」対象になります。

異常な筋肉感覚、皮膚感覚。中枢異常でしょう。
筋肉が薄くなった臀部が座っていると響くようになりました。

次々と起こる体の不調と、生活費の高騰、貧乏。

「何かの間違いだろう?」と嘆き悲しんでいます。
これが減断薬の結果なんでしょうか?

食欲、空腹感ももちろんありません。


追記

冬場の入浴回数が日に10回と異常に多かったですが、この数日シャワーだけで済ませています。
これもある意味異常だと思いますが、先日届いたガス代の通知が先月に続いて2万円以上でした。

水道代も2万円以上でしたので光熱費だけで4万円以上、電気代入れる
と6万は超えていると思います。これでは生活保護になっても生活できない。
生活保護に耐えられない体です。

去年の今頃はただ臥せっており半分錯乱状態でした。今年は体が朽ちつつも、
どこか平然としています。それでも体中は痛み、腰や肩の筋肉が落ちて薄くな
ってしまい以前のようなクッションのある動きができず辛いです。

PC入力も不自然な姿勢で指を押すように入力しています。体中ボロボロです。
治す方法もなく、家でじっとしてヘルパーを待つという生活サイクルです。
前途はありません。それでもできることは、少しでもブログに記録を残すこと
だけです。これが使命と気づきました。いつもメッセージ、メールを頂く方達のお蔭です。




↑このページのトップヘ