ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)



<スポンサーリンク>

2017年11月

11月最後の日。北朝鮮ICBM、大陸間弾道ミサイルの脅威


米朝開戦が迫る中の体調不良。



相変わらず食欲無し。  筋肉がそがれ足が骨ばっているので少し物に当たるだけで激痛がする。


横隔膜、肋骨周りの筋肉が痛む。



入浴多数。皮膚異常。


 足裏薄化    
介護士のお蔭で部屋の清潔と気力を保っている。


早めの夕食 

ご飯 味噌汁 (食感、味覚なし、空腹感 満腹感無し)

炒飯をつくり再び食べる。味覚少しあり(空腹感も満腹感もないまま何度も食事するので食費がかさむ)


17:53 2017/11/30

レキソタン4.8 投下

------------

向精神薬によって破壊された脳・中枢神経は年単位で自然治癒力で自己再生するという。
その間の経済的基盤、収入、介護・ヘルパーをいかに確保するか?が問題になる。

もちろん肉体的苦痛、精神的苦痛、社会的偏見、その他困難、
トラブルに対処する体制を構築せねばらならない。

脳の再生、中枢神経の再生が最も重要で難しいのだが・・・
中枢神経は年単位で自然治癒力で自己再生するという情報に一筋の希望を見出した。

小雨、食欲皆無。本格的に何かが変容している。


バイタルサイン異常なし。


表向きの健康状態。 脳神経の支障だろう。


食物底を尽きた ネットスーパーに発注。


食費月6万以上。

一人では多すぎる。 食べた感覚がしない。

お粥ばかりなのに減るのが早い。筋肉は少しずつ減っていっている。

処理しきれなくなれば病棟だろう。
耳鳴りや目立った発疹は無し。

入浴多い。 皮膚の脆弱と保水機能の劣化。

しんどい。

1年半前、「下山日記」ってウソ」だと思っていて筋肉減少がありながらも、
「自分とは関係ない」と、内心少し笑っていました。
ところが、2016年7月ごろからツヤハリがなくなり、
真夏にもかかわらず汗がほとんどでない状況になりました。
皮膚異常、筋肉減少が本格化。胸、肩回り、手足が
みすぼらしくなり、ヒジヒザの筋肉が2016年10月ごろにごっそり落ちました。
2016年12月には胸の筋肉が痛みが取れると同時に落ちました。
手足の痩せは進行し、
今では足(脛)が骨ばり、物に少し当たっただけで
擦り傷やあざができるようになりました。

筋肉減少をなかなか認めなかった看護師も11月に入ってようやく事態を理解しつつあります。

内臓も筋肉減少に伴いうごきが悪くなりました。

ただ今年4月ごろの重度の便秘(慢性偽性腸閉塞を疑ったほど)
は緩和され便通はあります。看護師曰く「調は動いている」とのこと。


臀部の筋肉の痩せも進行し、椅子に座ると沈むようになります。

椅子から立ちあがるとき両手で上半身を浮かせなければなりません。
起居動作がこんな有様です。どこかまで体が崩壊するのかわかりません。

意識だけははっきりしてきました。
またヘルパーや看護師と話すことで認知症のような症状が緩和されてきました。
体は朽ち痛みがあっても意識はだいぶマシになりました。



ただ、意地の悪い精神科医との障害年金診断書を巡る攻防を思うと、
憂うつになります。あらゆる意味で「精神科に破滅させられた」と意気消沈です。

今の境遇、「優生学」なのでしょうか?


ベンゾジアゼピンの効用と安全性のプロパガンダ、マーケティングに引っかかっただけですが、
精神科医の前に座った時点で
優生学 自然淘汰の対象にされ、徐々に薬漬けにされました。
長い年月の薬漬け、肉体の崩壊、優生学の対象、悔しいです。



-----------

医師には客観性が求められます。患者は主観だろうが客観的だろうがどうで
もいいんです。精神科医の悪質なところは科学の外貌をまとって主観的な診断で
危険な猛毒を処方箋として
投薬をするところです。
収容所の管理人に過ぎないと思います。

ーーーーーーーーーーーーーー
食生活への配慮 >

砂糖、甘味料を避ける。小麦を控える。
ウドンの代わりにソバを食べる。インスタントでないものを調達。

インスタント食品そのものをやめる。

お粥、スープといった胃に優しいもので栄養補給する。

旬のものを食べる。

----------------------------------------------------------------------------------
記録  2017/11/26 17時 痛み止めにレキソタン5服用


やはり中枢神経の故障なんでしょうか?空腹感も満腹感もなし。食べても身につかず。運動しても刺激が伝わらない(たいした運動量ではありませんが)何かが伝達されない感覚。
ノビタ様がお書きになられた記録引用転載します。(無断で申し訳ありません)

-------------------------------------------------------------------

2.ノビタ

減断薬の応援ありがとうございます。残念ながらベンゾは中枢神経に塩素イオンがまとわりつき、GABA/NMDA受容体のアポトーシスを引き起こし、ニューロン破壊による筋減少(栄養分が筋肉に吸収されない、故に運動しても疲れない、結果筋肉細胞が更新されず老化が急激に進行する)は発生しており、私のコミュニティでも多数同じ症状の方が見受けられます。回復の見込みはなく、減薬増薬関係なく進行します。医者は経験が無いのですぐに神経内科を勧めますが、これはGABA受容体ぼあくまで想定論で成り立っている業界ですから治療方法などわからないのです。
私の知る同様薬害者は、精神異常ではなく、将来の家族への負担などを考えて、生きたいのに自死された方がおります。

論点があっていればいいのですが、明らかに事実(ファクト)を無視し、自
らに有利な方向(心理学?)へ導こうという意図が丸見えでした。

私も言い過ぎましたが、以前に無礼なコメントをして
きた相手なのでつい反応してしまいました。

記事もコメントも削除させていただきました。

お願いですから、当方の筋肉減少とそれに伴う皮膚脆弱、内臓機能の低下で弱っていることを
ご理解ください。(不調原因は、消去法で考えれば薬害以外あり得ません。
あらゆる医学的検査をしても原因不明。「機能性ディスペプシア」が関の山で
消化器内科医から抗精神病薬のドグマチールを処方されそうになりましたが、
断りました。依存性が高く、副作用や後遺症・遅発性ジスキネジア
といったリスクの高い薬品(ハイリスク薬品)だからです。

整形外科医からは「キミ、クスリ(精神薬)やっていたやろ、ここでは出さない」
と暗に精神薬害を指摘されました。他の内科医からも「向精神薬が原因」といわれました。

向精神薬は、中枢神経に作用しますから、内臓の働きが悪くなり、
消化吸収運動が困難になりそれが結果的に
筋肉減少と皮膚脆弱が症状として現れるのではないでしょうか。
中枢神経がブロックされる薬をのんでいたのですか
ら常用量離脱で筋肉減少は必然だと思われます。

以前同様薬害者の方からメールを拝読したところ、
「薬害隠しの総会屋」の存在を指摘されていました。

ネットで薬害の情報を収集し、企業を恫喝するための情報を
集める新興宗教系総会屋がいるそうです。

同時に被害者の口封じの役も請け負っているそうです。

このグログやツイッターも危ないかもしれませんね。


日に日に衰弱しています。私は社会的には抹殺されました。
肉体がこうなればもう終わりです。

希望は一年ぐらい生きて好転反応があるかどうかです。
理解あるヘルパーの方がいてくれるのがまだ助けです。

去年より筋肉減っています。タイプを打つ腕も重いです。

(これはこれで慣れてきた面も否めませんが・・・)

昨日ポストまで歩けたけましたが、ふくらはぎの筋肉が減っており、
息も絶え絶えでした。筋肉が少しずつ減少しているのです。

冬場の入浴5回以上(これはこれでありがたいことですが)皮膚異常、脆弱の現れです。
同じことの繰り返しになりますが、筋肉減少と皮膚異常が顕著になって
毎日同じ症状に苦しんで1年以上になります。4年前は単なる離脱でした。
2016年7月ごろを境に皮膚と筋肉が脆弱になってきました。
どこまで朽ちるかわかりません。人間骨と皮だけになっても生きるそうですから、
生き残ることはできるでしょう。ただし労働は無理です。
・胸の筋肉はますます落ちました。胸の中央に軽い痛みが走ります。
本来筋肉で支えられていた肉体がそこにないのですから。
脂肪だけで生きている感じです。

乱文申し訳ありません。

寒いです。皆様方お体気をつけてください。




寒さと筋肉減少で胸が痛みます。

内臓の痛みではなく、筋肉減少からくる体内の痛みがあります。


呼吸筋も薄くなり息も浅いです。


ヘルパーや訪看にいかに認めてもらえるかです。

認知されることによって精神的に少しは楽になるでしょうから。

ただ現実の肉体はどうなるかわかりません。

寒さ厳しくなる中、不安と孤独、痛みに耐える日々です。

この2年で筋肉減少と皮膚脆弱がゆっくり進んでいます。

体重は増えましたが、筋肉の各部位の減りがあります。
ベンゾジアゼピン、恐ろしい作用です。

QOLの改善で治るというようなレベルではありません。

断薬し、自然回復まで息絶え絶えに生きるしかないでしょう。どこかで反転攻勢できるはずです。

・精神科にかかったこと、
精神薬を盲信してのんだこと、飲み続けたこと(依存性があるので必然でしょうが)

人生の大失敗です。

無念でなりません。






常用量離脱から筋減少。

同じ症状でかつて当ブログにコメントお寄せいただいた
ノビタ様の下山日記でのコメントから引用抜粋。
http://blog.goo.ne.jp/lifeischangeable/e/20d38db74a8a2a369cd8383fde72027f
2016-05-04 21:00:48
 主様はデパスとソラナックスの常用離脱が、2014/5迄に徐々に進行し、
SSRIジェイゾロフトで急激に悪化。 私もメイラックスとロヒプノールで、
2016/1迄常用量離脱が徐々に悪化、2016/2にSNRIサインバルタで急激に悪化。


・なおノビタ様より昨年直接メール拝受。アドバイスを受けました。

内容は「ATさんは決してベンゾジアゼピン以外の作用機序の違う三環系四環系の抗うつ剤等
をのまないこと」とのアドバイスを受けました。

下山日記主様並びにノビタ様と私の相違点はベンゾ以外の抗うつ剤等
を服用していない、拒否している点です。

筋肉減少 皮膚異常は進んでいるものの、これといった耳鳴りもなく
、何とか過ごせているのはこのためでしょう。

ノビタ様の命がけのご助言に感謝致します。

(お名前出して申し訳ありません・ご存命だといいのですが・・・)

寒さが筋肉減少を直撃。痛みと怖さ。 ヘルパー来て家事手伝ってもらって
話せたけど、また孤独。


横になると心臓に負担が直撃。


このまま死ぬのか。20年前、30年前の記憶。

来年いや来月生きているだろうか?

認知症のような症状は少し治った。

介護士 ヘルパー 訪看が命綱。

筋肉や皮膚は戻りそうにない。この2年で衰退したのだから。

追記 下山日記主様のような湿疹ではない。今のところ皮膚はまだ大丈夫みたいだが、
皮膚の脆弱は一年続いている。
発汗機能の低下。汗をほとんどかかない。夏は入浴回数極端に少なく冬は日に5回以上入浴。
皮膚脆弱と発汗機能低下を温浴で調整している感じだ。

内臓の中からえぐれるような痛みがある。生きているのが不思議だ。
歯肉の衰弱もある。足裏の薄化。

すべて減断薬の被害報告と同じ症状。
薬物以外考えられない。

精神症状は「過去」常に過去に向くか、「不安」この二つである。

今を認めることができるのはネットと福祉サービスの中でのみ。


人生に失敗はつきものだが精神薬は取り返しがつかない。精神薬、精神科は禁止すべき。


足回り、へそ回り8左)に湿疹が軽くできました。

皮膚が脆弱になってきているのでしょう。

傷の痛みと寒さでしんどいです。
風呂に入りました。

へそ回りにも傷を確認しました。

今朝は少し食べても吐き気がします。

薬は飲んでいません。


ヘルパーに足の傷を確認してもらいました。


進行しているようです。


湿疹は外傷に近いので手当てすれば治りそうですが、
皮膚そのものが筋肉減少とともに脆弱になっているようです。




寒くなってきました。本格的な寒波到来の天気予報が出ました。

辛い日々は続きます。精神薬に溺れ人生をダメにしてしまった自分を悔いて恥じ入る日々です。


長い年月が経ちました。このブログだけでも4年以上経過しています。


過去の記事を読んでみると、「精神薬をなめ切っている」、
「自分だけは特別」という間違った選民意識を持っていたのがわかります。


本当に愚かです。このような愚かさが精神薬の危険性に気づかず依存・中毒になるのは必然と言えましょう。もとから依存する性格です。ただ向精神薬に依存したのは間違いでした。


今年は激しい離脱症状・後遺症で胃や咽喉 の痛みが慢性的に続き、
地獄のような日々です。4月に救急入院(内科)もしました。
なんといっても2月の祖父の死に立ち会えなかったことが悔やまれます。
自責の念が強いです。
9月にレキソタン再服用してからも今はまた減らし、今日は飲んでいません。
福祉ヘルパーの定期訪問が大きな精神力になっています。


人間、支えあいが大切だと気づかされました。

福祉に問題はあるものの、薬害の身において一人減断薬は不可能です。

福祉は精神医療を前提としていて、抵抗がありましたが、薬害を克服するためには
最小限必要です。理解あるヘルパーの存在で薬がほとんどいらなくなってきました。
問題は永続的離脱症状である「筋肉減少」と「皮膚異常」です。
今のところ止まって(?)いますが、断薬後数か月から数年、
どうなるかわかりません。

内臓の筋肉の運動が悪いので内面からの気分の悪さと関節回り
の筋肉の薄化、足裏の薄化による神経痛、心窩部痛など体の端々に痛みが走ります。

歯肉衰弱、行動制限などの症状もあり、肉体的ハンデを背負いました。


今はこうした痛み、障害との戦いです。

同じことの繰り返しになりますが、少なくとも2年以上続いています。

意識だけはっきりし、脳が薬をのむ前の状態に少しずつ戻っているのを感じます。

ただとめどもなく過去の記憶が出てきて「今の自分に耐えられない」という悲しみも出てきます。
薬剤性フラッシュバックと内海氏の著書で指摘されていました。その通りでしょう。
精神薬の怖さはこういうところにもあるのでしょう。

症状の辛さに加え精神科医の心無い言動、侮蔑・・・今の日本社会の狂った
仕組みを呪いつつあります。製薬会社、精神科医は犯罪者で逮捕裁判にかけられるべきです。

どれだけ多くの人の人生を狂わせているのか・・・?障害者をつくりさらに福祉や生活保護アパートで儲けるという鬼畜なビジネスモデル。このような所業が平然とできるのは
同じ日本人とは思えないのです。



昔の記事を恥じ入りながら読みつつも、現在行われている医療犯罪行政に憤りを覚えます。



毎日胃痛が続きます。ついに食欲は途切れました。義務感で物理的に食べるという行為はできます。
筋肉減少もひどい。9月ごろ、ALSを疑ったものの今は小康状態を保っています。
ヒジヒザの筋肉薄く背中も首も弱くなりました。自転車には乗れません。

朝病院から「障害年金の診断書ができた」との電話があったのでタクシーで通院しました。
受付で診断書を交付、料金を支払いったあと、社労士に言われたように初診年月日を確認すると、
初診日が要件を満たしていないという不備がありました。

その場でさっそく医師に不服申し立てをしましたが、初診日一か所どうしても

初診要件を満たす記載にならずいまだ不服状態です。

社労士に電話を入れるとそのままでいいから書類を送るように
言われレターパックで送付しました。

・初診要件、精神科医はわざと嫌がらせで満たさないように書類操作。

精神科医、まるで弱いネズミ(患者)をいたぶっている猫のような残忍さです。
薬で体を壊され、医師の独断と偏見に満ちた誹謗中傷診断書に6000円もとられ
朽ちた肉体を思うと
「殺してやろうか」と殺意がわきました。

今はそんなことしませんが、いずれ一矢報いる覚悟です。

胸、肩、両腕、内臓、あらゆる筋肉がそがれました。惨めです。
障害福祉制度を利用して何とか生きていますが、お金が尽きるまでです。

頼りにしている障害福祉も決して味方ではない、むしろ敵と分
かりつつ自分が「狩られ」ていく様子をどこか冷静に観察しています。


・精神薬と福祉、飼い殺し、囲い込み。

肉体をボロボロにされ、人生を破壊され、殺処分されていく精神薬害者。
金儲けのためにモルモットにされたあげく廃人、自殺に誘導する精神医療福祉の囲い込み、飼い殺しシステム。

こんなことが平和といわれる日本で行われているのです。

精神科医は人非人。
むごい、悲しい、悔しい。

せめて社会保障だけでもという思いまで踏みにじる精神科医。

事件が多い理由がわかり始めました。

ーーーーーーー

今日は薬をのんでいません。肋骨回り、胃 咽喉、背中が痛みますが耐えています。

http://rapt-neo.com/?p=16108



何とか生きています。冷え込んできました。日々のことは、ツイッターでつぶやいています。
「なぜ政治や歴史のことが関係あるのか?」
と思われるかもしれませんが、私にとって心の旅、気を紛らわせているだけの話です。

相談支援専門員、制度自体に無理があるのか、たまたま私の担当が悪かったのか、よくわかりませんが、
彼らへの対応に苦慮しています。

本来なら良き相談相手で助言者のはず・・・それが威圧し、私の存在そのものを脅かしている。
「貧困ビジネス業者ではないか?」「このままだと不動産を乗っ取られどこか山奥の施設に送り込まれ
私の存在が隠蔽されるではないか?」俗に言う「「背乗り」されるのではないか?
との疑念と不安にさい悩まされています。


相談支援専門員を外し、セルフプランでヘルパー、訪問看護等のサービスを自ら調整できればいいのでしょうが、
この先体がどのように変化するかわかりません。今も腕が重い=(筋肉減少)状態です。

呼吸も浅いです。胃痛もあり、食欲もありません。
この1年ずっと耐えています。

今は向精神薬はほとんど飲んでいません(1日一錠かそれ以下です)。サイレースは断薬に成功しました。

周りに心からの精神的支援があれば精神薬などすぐに抜くことができるでしょう。

サイレース依存性は強い。かかりつけ医にサイレースをやめたことを言うと
「よくやめられたね、依存が強いのに」と。この言葉に絶句しました。
依存性が強いとわかっていて処方したのですから。

あらゆる意味において向精神薬から脱却したいです。

ただ最低限の「精神科と福祉」のメリットは使いたいです。ハンデのある身、仕方ない処置です。

六君子湯が手放せません。

いつか快活に食事ができることを祈るばかりです。


11月になりました。風邪をひいています。薬の量はレキソタン一日2回(5mg)
サイレースも追加しています。
断薬どころかリバウンドしました。


寒暖の差が激しくまた風邪の症状で頭痛があります。

障害福祉業者との攻防にも疲れています。

福祉で救われたことは事実ですが、生来、完璧主義を志向する性格ゆえか、
彼らのやり方に不満を抱いています。

プライドが高い、高すぎる性格は自らも認めていますが、私が受けた扱いを第三者に問うと

訴訟レベルだといわれました。確かにそうでしょうが、福祉業者という反社会的勢力の一員
のような人たち相手に
戦っていては心身を消耗するだけです。

改善点を見つけ、ゆっくりと相手に要求し、課題を克服していくしかないでしょう。

痩せこけた体、食欲のない日々、体のこわばり。これらが精神薬によってもたらされたことを思うと

服用した自分を許せず自責の念に駆られます。

せめて食事だけでも以前のように戻ってくれればと切なる思いがあります。

薬は、仕方なく戻します。不眠が一番よくないのでサイレースも仕方ないでしょう。

「筋肉」萎縮した筋肉がどこまで戻るからです。
このブログを更新しているののものすごく腕が辛いです。

ツイッターで時折つぶやいています。嫌われるの承知で自分をさらけ出しています。

今はもう祈るような気持ちで過ごしています。

↑このページのトップヘ