ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



2017年11月

<スポンサーリンク>

11月最後の日。北朝鮮ICBM、大陸間弾道ミサイルの脅威


米朝開戦が迫る中の体調不良。



相変わらず食欲無し。  筋肉がそがれ足が骨ばっているので少し物に当たるだけで激痛がする。


横隔膜、肋骨周りの筋肉が痛む。



入浴多数。皮膚異常。


 足裏薄化    
介護士のお蔭で部屋の清潔と気力を保っている。


早めの夕食 

ご飯 味噌汁 (食感、味覚なし、空腹感 満腹感無し)

炒飯をつくり再び食べる。味覚少しあり(空腹感も満腹感もないまま何度も食事するので食費がかさむ)


17:53 2017/11/30

レキソタン4.8 投下

------------

向精神薬によって破壊された脳・中枢神経は年単位で自然治癒力で自己再生するという。
その間の経済的基盤、収入、介護・ヘルパーをいかに確保するか?が問題になる。

もちろん肉体的苦痛、精神的苦痛、社会的偏見、その他困難、
トラブルに対処する体制を構築せねばらならない。

脳の再生、中枢神経の再生が最も重要で難しいのだが・・・
中枢神経は年単位で自然治癒力で自己再生するという情報に一筋の希望を見出した。

<スポンサーリンク>

小雨、食欲皆無。本格的に何かが変容している。


バイタルサイン異常なし。


表向きの健康状態。 脳神経の支障だろう。


食物底を尽きた ネットスーパーに発注。


食費月6万以上。

一人では多すぎる。 食べた感覚がしない。

お粥ばかりなのに減るのが早い。筋肉は少しずつ減っていっている。

処理しきれなくなれば病棟だろう。
耳鳴りや目立った発疹は無し。

入浴多い。 皮膚の脆弱と保水機能の劣化。

しんどい。
<スポンサーリンク>

1年半前、「下山日記」ってウソ」だと思っていて筋肉減少がありながらも、
「自分とは関係ない」と、内心少し笑っていました。
ところが、2016年7月ごろからツヤハリがなくなり、
真夏にもかかわらず汗がほとんどでない状況になりました。
皮膚異常、筋肉減少が本格化。胸、肩回り、手足が
みすぼらしくなり、ヒジヒザの筋肉が2016年10月ごろにごっそり落ちました。
2016年12月には胸の筋肉が痛みが取れると同時に落ちました。
手足の痩せは進行し、
今では足(脛)が骨ばり、物に少し当たっただけで
擦り傷やあざができるようになりました。

筋肉減少をなかなか認めなかった看護師も11月に入ってようやく事態を理解しつつあります。

内臓も筋肉減少に伴いうごきが悪くなりました。

ただ今年4月ごろの重度の便秘(慢性偽性腸閉塞を疑ったほど)
は緩和され便通はあります。看護師曰く「調は動いている」とのこと。


臀部の筋肉の痩せも進行し、椅子に座ると沈むようになります。

椅子から立ちあがるとき両手で上半身を浮かせなければなりません。
起居動作がこんな有様です。どこかまで体が崩壊するのかわかりません。

意識だけははっきりしてきました。
またヘルパーや看護師と話すことで認知症のような症状が緩和されてきました。
体は朽ち痛みがあっても意識はだいぶマシになりました。



ただ、意地の悪い精神科医との障害年金診断書を巡る攻防を思うと、
憂うつになります。あらゆる意味で「精神科に破滅させられた」と意気消沈です。

今の境遇、「優生学」なのでしょうか?


ベンゾジアゼピンの効用と安全性のプロパガンダ、マーケティングに引っかかっただけですが、
精神科医の前に座った時点で
優生学 自然淘汰の対象にされ、徐々に薬漬けにされました。
長い年月の薬漬け、肉体の崩壊、優生学の対象、悔しいです。



-----------

医師には客観性が求められます。患者は主観だろうが客観的だろうがどうで
もいいんです。精神科医の悪質なところは科学の外貌をまとって主観的な診断で
危険な猛毒を処方箋として
投薬をするところです。
収容所の管理人に過ぎないと思います。

ーーーーーーーーーーーーーー
食生活への配慮 >

砂糖、甘味料を避ける。小麦を控える。
ウドンの代わりにソバを食べる。インスタントでないものを調達。

インスタント食品そのものをやめる。

お粥、スープといった胃に優しいもので栄養補給する。

旬のものを食べる。

----------------------------------------------------------------------------------
記録  2017/11/26 17時 痛み止めにレキソタン5服用


<スポンサーリンク>

やはり中枢神経の故障なんでしょうか?空腹感も満腹感もなし。食べても身につかず。運動しても刺激が伝わらない(たいした運動量ではありませんが)何かが伝達されない感覚。
ノビタ様がお書きになられた記録引用転載します。(無断で申し訳ありません)

-------------------------------------------------------------------

2.ノビタ

減断薬の応援ありがとうございます。残念ながらベンゾは中枢神経に塩素イオンがまとわりつき、GABA/NMDA受容体のアポトーシスを引き起こし、ニューロン破壊による筋減少(栄養分が筋肉に吸収されない、故に運動しても疲れない、結果筋肉細胞が更新されず老化が急激に進行する)は発生しており、私のコミュニティでも多数同じ症状の方が見受けられます。回復の見込みはなく、減薬増薬関係なく進行します。医者は経験が無いのですぐに神経内科を勧めますが、これはGABA受容体ぼあくまで想定論で成り立っている業界ですから治療方法などわからないのです。
私の知る同様薬害者は、精神異常ではなく、将来の家族への負担などを考えて、生きたいのに自死された方がおります。

↑このページのトップヘ