ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。





<スポンサーリンク>



2017年10月

<スポンサーリンク>

風邪はようやく一段落。
曇り空。

胃痛が続く。食欲はない。

筋肉が落ちたヒジヒザでの移動に支障、困難。



コメントお寄せくださった方々、ご助言の数々ありがとうございます。


<スポンサーリンク>

    風邪が酷い。頭痛がして食欲が完全にない。しかしよく眠れた。自責の念強い。
卵スープを温めて飲む。
今朝は何もいらないほど。
天気曇り。 レキソタン半分 2.5。減断薬できそう。もうやめたいのが本音。
不眠にならなければという条件でだが。



<スポンサーリンク>

北朝鮮危機が迫りくる中、朽ちた体で新聞やネットで情報を集めている。

夜は、途中覚醒しつつもサイレースなしで眠れた。
今朝は肌寒く小雨交じりの曇り空だ。

夜中にいったん目が覚めたが、それでも眠れた。
風邪気味なのか、少し頭痛がする。

ご飯と味噌汁で朝食。
レキソタン4.8くらい。食欲は相変わらずない。


筋肉落ちてフライパン持つのが重くなり
、下山日記のコメンテーターの方たちを思い出し陰鬱とした気分
。社会復帰はどう考えても無理だろう。福祉施設かと覚悟を決めつつある。


福祉で助けてもらったが惨めな姿を自宅で他人にさらしているわけだから、
これほどの屈辱はない。

死へと誘う精神薬。気づいたときは遅い。




<スポンサーリンク>

10月に入り紅葉が目立つようになったが、気温が高くまだ薄着で過ごすことが多い。

9月半ばにレキソタンを再服用(1日15mgマックス量)。時折サイレースも服用し、
眠れるようになったにも関わらず、
胃炎が46時中続いている。運動したほうがいいと思い、軽い散歩を始めた。

食事を無理に食べていたので食欲がないにも
関わらず、腹だけ出た餓鬼のような体型に拍車がかかった。

数か月ぶりににあったケアマネに
も体型の変化を指摘された。筋肉は落ち、腹が出ている。典型的な栄養失調状態の体だ。

足の裏はペチャンコ。ALSが心配で看護師に確認してもらったが特に異常はないという。

胃の縮小が月ごとに進行している気がする。これ以上悪化し
ないと信じたい。胃痛は寝起きの朝が一番辛い。
原因はメンタルなのか薬害なのか。
背中もこわばりがあり時折痛む。胃がんの定義に当てはまりすぎ、
不安とあきらめの境地が交錯する。

「あの時断薬していれば・・・後悔)」
10年前、ロヒプノールから削ると医師に自ら減薬計画を医師に申し出ると
(本能的に危ないと察知していたのだろう)医師に「肩がこるだろう?」と言
葉巧みにセルシンをMaxで追加された。今から思えば「過沈静」が目的。

しかも「レキソタンは効かないから」と言いながらセルシンとレキソタ
ンそれぞれMax量をカクテル処方された。
当時疲れていたこともあって、処方通りに服用すると、
謎の多幸感と認知機能、判断機能の低下、過度な鎮静で見事に過沈静された。

その後一時的に断薬したが苦しく、今レキソタン単剤を戻した。
それでも胃が痛く、体中の筋肉が落ち、
体格も何もかもボロボロだ。

10年前の医師の増量提案に応じなければ簡単に抜けたはずだ…


内分泌も神経、免疫系統が狂っている。

食欲その他自然の本能的欲求がほとんどない。
かろうじて睡眠がとれるのが救いだ。


もともともの主訴は「肩こりと不眠」である。今は筋肉減少や胃痛といった
別の症状に悩んでいる。全く皮肉な話である。
中高年からの体作り。情けない。中枢神経の破壊説があるが信じたくない。

(栄養と運動)×時間  で治ると信じたい。



↑このページのトップヘ