ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)





<スポンサーリンク>



2017年09月

<スポンサーリンク>

昨日レキソタン5mg×2(食後)2時間ほど昼寝、サイレースで夜(22時ごろ~3時)
よく眠れた。心窩部、胃の痛みも今のところない。

なんだあっさり治った。 減断薬ストレス、夏の疲れ、ストレスだったのか。

落ちた筋肉は仕方ないが。


断薬も行き過ぎると別のストレス疾患を持ってくるようだ。

ストレスで極限状態に陥った。極限状態による内省で気づいたこと、学んだことは多いが、
体が衰弱し危なかった。皮肉だが、心療内科の薬が即効性あった。
http://seseragi-mentalclinic.com/natural-healing-power/

あのまま耐えていたら死んでいたのではないか。変な話だが、断薬ストレスで衰弱したら精神薬
の効果がわかる。このための薬だろうな。

しばらく服用して様子見。
体力気力が十分ついたところでミリ単位で漸減したい。


薬が効き続けてくれたらいいのだが。

追記 やはり不調は続く。何が辛いかって筋肉減
少で行動制限と内臓あたりの違和感、痛みがある。

余りのみたくない精神薬だが最終手段として仕方ない。なぜなら、食べれない、眠れない長期慢性的に
続くと衰弱死してしまうから。

とにかく眠って食べることだろう。


追記
昼食は寿司を引きました。夕方4時から8時間ほどよく眠れました。泥のように眠りました。
小腹もすきました。胃の痛み、体の痛みが今のところほとんどありません。
日中はレキソタンだけです。今からサイレースをのむ気にもなれません。

十分眠りました。レキソタンだけで様子見です。やはり急な減断薬はダメですね。
もう失敗しましたが。

気づいたこと学んだこと多いです。

(日付勘違いしていました。寝起き0時過ぎていたと思い込み。実はまだ13日水曜日21時台だったんですね。)



<スポンサーリンク>

朝。曇り空 時折小雨ぱらつく中、腹部の痛みを抑えながら、かかりつけの心療内科に通
院した。3か月ぶりである。全身の筋肉が落ち、移動は足を引きずるのでタクシーを使った。
精神科への疑念、疑問を抱えながらの通院である。

心療内科、いつもなら自転車で楽々行くところだがこの半年、
病状が悪化するにつれタクシーでないと通院できなくなった。

久々の通院だった。医師と話す。「全く眠れない」「食べることができない」
旨話すと、サイレースを追加された。

サイレースは10年前に飲んだことのあるロヒプノールと同じで、あまり効いたことないのを思えている。
これは飲まないだろうけど医師を信用して追加に応じた。のむかのまないかは別次元。

何となく「治してやろう」という医師の善意を受け止めることにした。(余計な善意かもしれないが)

極度の不眠はあきらかに「ストレス」によるもので、これを改善するには薬に力が必要だという認識に達した。

依存の危険はあるが、ストレスで乱れた生体には何等かの薬物療法が不可欠である。

減断薬で不眠、拒食等の状態に長期に渡って陥っているのなら、
「ストレスによる生体リズムの衰弱化」が考えられる。衰弱を薬物の毒が原因とする説はあまり正しくない
。減断薬ストレスで生体リズム がかく乱されホメオスタシスが壊れたレコードようになる。
こうなると断薬ストレスにさらされたまま自責の念と共に
体の最低防衛ラインまでストレスに蝕まれて心身の体調を崩す。
これが実態だろう。(今のところ)

ネットの減断薬情報は精神症状が主訴で身体疾患の少ない方を対象としていると思う。


心身症患者がネット情報で減断薬すると、負のスパイラルから抜けきることは困難になる。

こうなってしまえば、いったん再服用しそれを常態化すべきだろう。

精神薬は弱い毒だが、弱い毒でも重度に眠れない

食べることができない状態では精神薬は不可欠である。自分に合った薬を処方してもらう。
カクテル処方には気を付けるなど注意事項はあるが、ストレスを緩和することが、
自然治癒力回復のために必要である。このための精神科医、精神医療だと思う。

ーーー追記
レキソタン5mgのんで眠れました。チャーハンで夕食’(豚肉などと一緒に炒めました)。
少しのどを通りました。おそらくストレスで参っていたと思います。減断薬ストレス
。ネットで過度に煽っている人たちが確
信犯に思えてきました。薬は飲み続けて体
調を安定させるものだと思います。私は開き直って本
日2回目のレキソタン5mgをのみました。内臓が睡眠不
足で壊れそうだったので服薬しリラックスしよく眠って自然治癒力
にかけようと思います。睡眠と食事のバランスをとるために薬だと思います
。減断薬は体調が整ってからミリ単位でやるものだと思いました。


今の絶不調状態なら、精神医療、精神医療が適宜投薬が精神医療の本来の在り方だと思います。


減断薬中に激しい自責、後悔の念に襲われたが、徹底的な反省で自分の間違いに気づくようになった。
この点はよい。
過去の自分、志を忘れた無計画人間でそれを以って
取り返しのつかない時間と労力とお金を費やした。
志無しの無計画…愚かな自分を猛省している。

減断薬中の猛省を胸に秘めつつ適時服薬で体調を整えたい。

安定剤は単剤にすることにした。
睡眠薬はあまり乗り気でなったが重度の不眠(この半年ほとんど眠っていない。昼間に数時間、数十分なむれるだけという。これでは内臓も疲弊する。








<スポンサーリンク>

死が間近いと感じるようになってきた。 レキソタン再服

用で延命になるかも。 この2年でゆっくり痩せが進行。

ヘルパー導入するも「これはもう終わり」だと実感。 痩せ

た筋肉が元に戻ると思えないし、栄養だって不足している

。 食べ物では追い付かない。今も痩せている。

今着ているシャツがブカブカ。

数日前までまだ肉付きがあったがこの数日で一気に痩せが進行。


<スポンサーリンク>

ノドの奥が詰まった感覚 これが時折
痛みに変わる 再服用しても同じだろう。しかし断薬10日経過。 体の痩せが進んだ。


肘膝 臀部、手足指先、ノド、心窩部、 全身のあらゆる筋肉が関節ごとに半減しているので行動障害が出ている
<スポンサーリンク>

外見
気づいた箇所
顔 あえて動物に例えるなら干上がったサルのような顔 
但し初対面の方(=ヘルパーさん等)には気づかれない。
常人として扱われる。よく見るとサルとは言い過ぎ。以前より「ふっくら感」がなくなった。


髪の毛 ややパサパサ  髪が伸びるのが異常に遅い。栄養が行き届いていない感覚

見た目は普通の髪型。
胸回り、肩 筋肉が落ちた。 背中の筋肉も落ちた


腹部 常に膨満感 時折 胃炎に。

腹回りが膨らみがある。
ヒジヒザ 筋肉落ちた

グルグル思考 あり。 後悔あり。

食欲 、睡眠欲 なし=不眠


<公開設定ですが下書きです)

↑このページのトップヘ