ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



2017年08月

<スポンサーリンク>

今にも死にそうなこと書いてきた割にツイッターで元気そうに振舞っているますが、
全然元気でないです。


胃の調子は相変わらず悪く、空腹感も満腹感もありません。

全身の筋肉減少と強張りが酷く夜も眠れません。

朝に薬を飲んで気絶のような睡眠です。

胃腸動かずメンタルもグルグル思考で再服用ですが、常用量離脱で効きません。


毎日生きた心地せずです。

なぜか意識だけははっきりしています。

<ツイメモ>ツイッターに書いたことを保存


夜中に卵ご飯、朝食にチャーハン。胃が悪い割に

は食べるだけ食べている。 胃が悪いというより胃と

食道の運動機能が低下しているように思える。






<スポンサーリンク>

お久しぶりです。更新滞りました。
ツイッター
に入り浸っておりました。
暑い日が続きます。外出困難です。


料理などの家事はできるようになったものの、体は朽ち果て、動作が鈍いです。

認知機能は少し回復傾向にあるものの、まだ正常範囲とは言い切れません。

体中が硬直し仰向けになるのが困難。息も浅いです。空腹感も満腹感もないので
(食欲中枢がやられていると思います)

大量に食べても満腹感ありません。食べようと思えば食べれるですが、食事を楽しむという感覚は全くありません。

空腹感がないものですからそのまま食べずにいても平気です。

胃が差し込むように痛むことがあります。

「もうこれ以上いじめないでくれ!」と心の中で叫ぶこと多いです。


精神的に混乱錯乱することが多いです。ただそれで他人に当たるということはありません。

攻撃性もありません。人としての感情が麻痺した状態です。少しでも感情を取り戻そうと
過去の記憶をたどりながら経験値で他の方に対処しています。

筋肉減少はこれ以上進まないものと信じていますが、行動面での介助が必要な状態で、
ベンゾジアゼピンの怖さを身を以て体験しました。

回復の目途もなく、絶望と失意の中で死を考えることが多いです。


毎日体中の痛みと衰弱で生きています。罪悪感でいっぱいです。

心身共に安息が訪れる日がいつかくるものと信じたいです。

<スポンサーリンク>


コメント返信の文章から続きです
恐ろしいほど胸回りの筋肉が落ちました。足裏もです。
肩で息をするようになりました。当然外には出ていません。(ゴミ出しがやっと)
肺もやられているのでしょうか。

体温が少し上昇したのでここで進行が止まれば日常レベルまで回復するかもしれません。
ヘルパー導入が効果ありました。うつ症もあったのではないかと思います。
脳の問題ですから、予断は許せません。当然障害者です。


皮膚感覚が去年よりマシです。

空腹感も満腹感もない状態は中枢神経が影響しているからと思います。

フットケアも導入予定です。

メンタル面でかなりダメージを受けそこから脳に負担がかかっているのかもしれません。


断薬はできずです。レキソタンから離れられません。



・部屋の掃除を積極的にできるようになりました。
これはヘルパーさんのおかげです。

減断薬が急すぎたところに家庭環境の変化があったために強い脳負担がかかったのも事実です。

何が原因かわかりませんが、ベンゾの急な減断薬は危険です。

8月15日追記 )お尻の筋肉が薄くなりました。臀部筋肉です。歯肉も薄くなっています。ヘルパーさんに「歯茎がやせているのではないですか?」と。

いよいよダメです。下山日記の主様、コメント欄の方々と同じような症状に見舞われています。


福祉(ヘルパー、ケアマネ、訪問介護)で自分をさらけ出しています。
入院もできるはずです。症状進行しています。愚かな自分を反省しています。これではとてもではないが
復帰できません。身の回りのことはヘルパーさんとネットを活用するしかありません。
お金の心配もあります。

薬害が理解されるわけもありませんが、仕方ありません。

最悪の事例です。去年から進行していたのでしょう。
万が一にでも回復しても日常生活レベル。


コメントお寄せいただいている方々、激励ありがとうございます。

同じ苦しみの中、同じく生きている者同士生きるところまで生きたいですね。



<スポンサーリンク>

内臓がえぐれるように痛む。レキソタンを少し戻して服用。ホームヘルパーさんの助けで
意識が少し戻り、食事もできるようになった。料理は自分でショウガをすったり、薬味を入れるなど
生薬を考慮するほど意欲が出てきた。


昨日は断薬して過ごすことができた。が、夜中になり、身体症状(首、背中のこわばり)と筋萎縮、筋肉減少が
これ以上進行すると命の危険にさらされると危惧、日付が変わった今しがたレキソタン5mgを服用した。


いや、これは過去メールを読み返したところ、「このままだと命が危ない」とのメールを発見、
再拝読し、再服用を決意、
一錠放り込んだ。


ここまでくれば、あまり神経質にならず適度に服用したほうがいい。それも罪の意識を感じずのんびりとベンゾを単剤と付き合っていくくらいでいいだろう。

今から思うと昨年は孤立無援の中、無茶な減薬を遂行した。
かなりのストレスの中、大幅に減薬し倒れ込みゴミ屋敷と化していた。

今年6月ヘルパーさんが入るころは部屋中不潔で清掃にひと月以上費やした。

体だけでなく家の中もひどい状態だった。今は清潔を取り戻した。
週に3日でも人に入ってもらうことでかなり生活が改善された。

これを以って精神面はかなり向上したが、肉体が朽ち果てている。内臓が内側に絞り込むように痛む。

時折あまりの痛みに耐えきれず希死念慮に悩まされる。
身体症状の苦しさと同時に後悔と自責の念に駆られる。


今さら過去には戻れない。時間も体も戻らないのに
自分を責め「あとどれくらい生きられるだろうか?」という思念に煩悶とする。

毎日毎日このような感覚で薬を飲んだ自分を恨む日々だ。


だが今や少し薬を戻して苦痛を緩和していくべきだろう。

薬にとらわれずこれ以上の筋萎縮の進行を止め、日々を充足させることが先決だ。




<スポンサーリンク>

落ちた筋肉の中での更新です。体は内面から崩れています。内臓がチクチクします。
歯肉が少し痛みます。
睡眠は気絶したような眠りで食欲はありません。


それにも関わらず、大量の食材をすぐに食べつくしています。

空腹感も満腹感もない状態で食事を食べ、少しの家事で横になる日々です。


ヘルパーさんに入ってきてもらっているのが救いです。


時間ごとに朽ちていく身体で誰にも見られたくない体をさらしています。

一年で筋肉があっという間に落ちました。信じられません。
当然運動機能が落ち、外に出るのが困難です。

痛みをこらえながらゴミ捨てに出る程度です。


外部からのヘルプで助かっています。世の中には素晴らしい人たちがいることと自分の考えが
偏っていたことも思い知らされます。


この先どうなるかわかりません。

多くの人の助けを得ながら祈りながら毎日を送っています。喪失感でいっぱいです。




↑このページのトップヘ