ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



2017年07月

<スポンサーリンク>

新生姜(ショウガ)を醤油とホンダシで煮込んで食べました。
懐かしい香り。
吐き気が止まり、食欲が僅かながら回復。


少しポカポカして体が温まりました。
免疫が高まり

発汗作用もあるそうです。
http://afun7.com/archives/906.html

胃に効く食べ物

http://ichou-daiji.info/etc/987.html


ベンゾジアゼピンでダメージを受けた内臓に良い効果があるようです。

薬膳ですね。自然の食べ物には優れた力があります。


生ショウガも効果があるらしいので、この点調べて食養生を続けていきたいです。

http://胃炎治し方.com/entry5.html

胃には冷たい生姜はだめです。生では逆効果なので煮物に入れるとよいでしょう。


さっそく生姜で肉魚野菜を料理してみました。
動いていなかった胃に効果がありました。


精神的な落ち着きも出てきました。朝からベンゾを飲んでしまったことが悔やまれます。

胃が動けば、栄養吸収も楽になり、筋肉減少が止まりそうです。
暖かい生姜は、ベンゾで弱った胃腸の修復に効果がありそうです。

追記)
いつもコメントありがとうございます。この場で御礼申し上げます。
現実は、こちらが頭を下げないといけない。

身も心もズタズタです。


食事の改善で少しばかり気力が出てきたところです。
筋肉減少は胃腸の運動が悪くなっているからだと思います。


体の辛さは相変わらずです。毎日体の痛みにさらされ細くて弱くなった体と年齢に
絶望感でいっぱいです。

食事だけでも、という思いです。











<スポンサーリンク>

ケア体制などと言った大げさなものではありませんが、家に人を入れることによって、
生存確認をする体制ができました。


誰か来てもほんの少し気がまぎれる程度です。



それより胃腸や嚥下機能の低下が辛いです。
胃は「萎縮しているのではないか?」と思うくらい身体症状辛いです。
筋肉減少とひどいです。


福祉に頼り連絡体制をさらに緊密にすることによって最悪を免れたいです。

金銭的な不安もよぎります。

今から生活保護の準備をするべきでしょう。


手帳も福祉も準備するのが一年遅かった。早めに動いていればよかったです。


ただこういう情報は表に出ない。

当事者にならないとわからないという現実があります。

この2年よく耐えてきたと思っています。

意識がクリアになっているだけに辛いです。


<スポンサーリンク>


相談支援専門員(以下ケアマネ)とモニタリング。実質初回。
現在の状態を聞かれた。

いまだ具合悪い旨伝えた。筋肉衰弱が激しく食事もとれていないことを話した。


食べても身につかない状態を話した。
訪問介護に訪問看護。ヘルパー週3日、看護師週3日という万全の態勢を敷いたが
、内臓や筋肉、皮膚の衰退が治るとは思えない。
(もはや老人の領域。まさかこんなことになるとは夢にも思わず。
向精神薬の老化作用のおそろしさを実感)



食事と精神的な支援が一縷の希望。


一人では無理。孤独死衰弱死になるのは目に見えている。


気温が高く暑いらしいが、あまり汗をかかない異常。


過去の記憶が止まらず出てくる。




「何をやっていたんだ」という激しい自責の念。



身体症状と肉体症状が極限に近い状態で家で過ごしている。

福祉は絶対必要でもっと早く導入すべきだった。
断薬にもこだわらず適度な服用が必要だろう。

ただ変薬、追加はしたくない。
この年でこの体は絶望的だ。

この数年頑張ってきたが、無理な減断薬に陥って本末転倒になってしまった。



何をどうすべきかわからない状態だ。

ほんの少しでも動きほんの少しでも食べるよう努めているが、
内臓のチクチクした痛みと筋力低下著しい。

外は晴天で海にでも行きたい気分だがこの体ではそうもいかず。

この10年、体力もお金もあったのにひたすら目前の仕事を意味もなくこなしていた。


薬物で思考力が奪われていたのだろう。

今は福祉にかけている。精神科とは関わりたくないが福祉を使うには仕方ない。


訪問介護と訪問看護を導入しても治療にはならず症状がすすむでしょう。

生存確認が主な目的です。


・胃腸は第二の脳といわれるように(ご指摘も受けました)胃腸機能が阻害されたまま日常を過ごしています。

食欲もなく、胃がほとんど動いていないので、苦しみばかりです。

食べ物を受け付けても、それが身につかない辛さ。

自律神経やホルモンが影響しているのでしょう。

中枢神経かもしれません。
何かが狂っているのがわかります。




<スポンサーリンク>

食欲も何もかも途切れ、家の中でただ生きている状態です。

空腹感も満腹感もない状態。


日ごとに症状が悪化しているようです。



気温が高いせいか(本人はそれほど暑いと感じていない)パソコンに向かうことはできます。

秋以降、冬になるとどうなるかわかりません。

「福祉」の準備はほぼ整いました。


まだ未知な領域で慣れやトラブルを最小限に抑えるなど苦労は尽きません。

一番の解決法は健康になることですが、到底無理。

一度朽ちた筋肉が元に戻るとは思えません。

まだ固形物がのどを通るだけ良しと考えています。


ベンゾジアゼピンは違法薬物と本質的に同じで危険です。今に規制されるでしょう。

今は合法でも近い将来違法になる。
精神科の薬はこうした指定規制の繰り返しの歴史です。


このような危険な物質を長年大量摂取させらていたこと
に怒りを通り越して失意があります。



<スポンサーリンク>

余りの症状の辛さに、7月からホームヘルパーさんに週3日来てもらっています。


嚥下に違和感、胃腸障害、どれも辛く耐えがたい旨、ヘルパーさんにすべて話しました。

利用者の話を聞くのが彼女たちの仕事とはいえ、こちらに薬害の質問や精神医療の在り方に
疑義を呈してくれてそれなりの理解が気分をやわらげてくれます。

何より料理が助かります。


体力気力、思考力が低下している中では料理が難しく、半分痴呆状態だったので、

料理が供されて少しばかり、思考力がよみがえりました。

ただ暑さとともに筋肉の低下が進みつつあります。


胃腸やのどの筋肉も委縮しているような気がします。
たぶん物理的にそうなっているでしょう。


健康体ではない、病態であることはヘルパーさん達にも一目瞭然です。


辛い日々の中、一番見せたくない恥を見せて助けてもらっています。

ヘルパー導入から半月、ようやくお互い慣れたところでしょうか。


これからゆっくりと掃除と料理を充実させ禁断症状に耐えられる体制を作りたいです。


今後のことは相談支援専門員(ケアマネ)さんに相談です。

悪化が予想される中の福祉でどこまで助かるかわかりませんが、一応の協力者を家の中で得ることができました。


ネットでの助言も大いに助かっています。


離脱症状がいつか過ぎ去る日を夢見ています。



↑このページのトップヘ