ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)





<スポンサーリンク>



2016年10月

<スポンサーリンク>

筋肉委縮がひどい。顔面の筋肉も崩壊。一日うずくまっている。

胃が痛む。食事は最低限。皮膚感覚崩壊。


家族から理解されず孤立。

一人でこの先どうやって行けと。

各種手続きも難しい。

去年の今頃より悪化している。


減薬スピードが速すぎたのか、タイミング悪くストレスになったのか。

ネット接続もいつまで続くかわからない。


<スポンサーリンク>

全身の痩せがひどい。いや筋肉の委縮か。胸が骸骨化。アバラがみえてきた。
頭髪はサイドを水で抑えないと跳ね上がる。

食欲がなくなった。

今春食べまくり体重を80キロまで回復させたが、見た目は60キロ台である。

近隣の人たちからも痩せ方が異常といわれる。
苦しくて一日中うずくまっている。

保水機能の劣化で風呂に入らなくてもいいくらいだ。

一日テレビをつけている。(この12年テレビをまともに見たことがないのに)

口喝が酷い。水ばかり飲んでいる。

腹筋、括約筋も弱っている。


たまに下痢のような便がでるだけである。明らかに括約筋の弱体を感じる。



過去の後悔ばかり浮かぶ。


この先の展望無し。なぜ薬に依存したのか。薬を捨てて業界に書ければよかったと悔やまれる。

毎日吐き気がする。

下山日記さんと同じ症状(発疹、耳鳴り以外)

誰か助けてください。

全身がスカスカします。

手足も細い。

去年ここに書いていた頃まだ希望がありました。ベンゾが効いていたのでしょうか。


辛いです。苦しいです。

http://blog.goo.ne.jp/lifeischangeable
<スポンサーリンク>

前の記事で個人的なことを書きすぎました。


体調思わしくなく、朽ち果てました。

胃の不調だと思い込んでいたのですが、どうやら胃が縮小しているようです。
胃カメラ等あらゆる検査をしても異常なし。ある開業医から信じられないと驚かれ
何かを隠すようなそぶりをされました。
大学病院では検査結果をくれません。

胃の不調と同時に筋肉痩せが進行(体重は10キロ太りなおしました)
胸部、臀部、括約筋(Akemi様が書かれていた通り、)
筋肉痩せと体重のシーソーゲームをやっていました。

筋萎縮が進んでいます。人生やり直そうにもこれではできません。

なまじ意識がはっきりしているだけ無念の思いが強いです。

胸部の痩せが進行してきました。外出困難、ほんの
少し歩いただけで足に奇妙な痛みと疲労感が残ります。

味覚も麻痺。離脱症状(禁断症状)のレベルではなく後遺症レベル。

それも末期の後遺症レベルです。これでも健常扱いなのだから信じられません。
あきらかに薬害です!病院へ行っても精神病扱いでしょう。

手足は細くなり、髪がパサつきました。食べようにも食欲がありません。
この10年処方規定以上のベンゾ(セルシン、レキソタン)を一日30㎎以上
のんでいたわけですから当然です。

お迎えがきたようです。前の記事で書いた通り「志半ば」なので残念です。


風の音 木漏れ日をこれほどいとおしく感じたことはありません。
---------------------------------------------------------------
近現代史を志し多くの人に愛され自己実現するも、
極度の猜疑心で破綻。

その後精神薬の量が増え、中毒死」
薬物中毒者の末路として冷淡に扱われるでしょう。


---------------------------------------------------------------


人一倍食欲があり、筋肉もあったのに、今では小学生なみの筋肉と体つきで
食欲は全くありません。日に日に悪化。
親は老老介護で発狂状態。電話で説明しても無駄。

----------------------------------------------------

10年前東京でのご縁を大切にしておけばよかった。
今から思うとすごい人たち。いや個人的にご縁のある人たちだったと思います。
東京が自分の居場所だった。そういう運命だったのに、
運命に逆らった。
多分、本当にご縁のあった人たちだった。

あまりに簡単に自分の夢が実現していたので何かの罠だと思っていましたが、
そうではなかった。受け入れられていた。

今更ながら気づきました。もう10年たっている。アホでした。
世の中こんなことあるんですね。どうして私は素直になれなかったのか。
薬害で気づくのか。悔しい悲しいです。

薬物がそれを鈍らせました。ほぼ断薬した状態に
なってあきらかです。無念

-----------------------------------------------------------------








<スポンサーリンク>

どうやら死に至る領域だとわかりました。胸が痩せ、臀部が痩せこけています。
胃も縮小しているのか全く食欲がない。
特にこの4か月(7月ごろから)ひどい状態で、外出困難で数回外に出ただけです。朽ち果てました。


静かなところに住んでいます。こんな恵まれたところに長年住みながら、
自暴自棄になりベンゾ薬に走りました。近現代史が好きでその分野で頑張ろうとマスコミ出版界の入り口へ行き文章活字化。あとはお披露目だけで業界入りというところで意味不明な欠席。出版社長、編集長の方々を怒らせてしまいました。

今から思うと皆に愛されていた。最後の最後でひねくれ根性が出て欠礼。
当然業界追放されるも意味が分からず今まで過ごしてきました。
薬のせいなのか性格なのかわかりません。

10年たった今、常用量離脱が出て過去の記憶がやたら出るようになり、
さらに減薬すると
10年前の具体的に自分の愚かさに気づかされました。

今枕元には近現代史の本がたくさんです。右寄りの本ばかりですが、
自分がやりたかったこと。それが中途半端に終わったものだから、猛烈な勢いで読んでいます。(拾い読みがやっとですが)

最初からこれで良かった。これで良かったのに、10数年前に右派と宗教団体の関係をネットで知りショックを受け、こともあろうにマルクス主義(本の中だけ)に走るといいう矛盾を抱えておりました。当然言動も意味不明でした。ベンゾがそれを助長させたようです。

それでも業界の入り口で歴史論文を書き出版社長のご好意で活字化
されたのは幸運でした。
惜しくも些細なことで人間関係がうまくいかず(極度の猜疑心)。業界を捨て
志半ばに自宅へ帰りました。

歴史観を封印。自分を殺
し実務と称して意味不明な実務とやらをやっておりました。
ベンゾの量も倍以上に増えておりました。(セルシン、レキソタン 処方規定以上の量)
馬鹿でした。常用量離脱と後遺症になってから自分がみえてきました。

文章下手ですみません。自分のこの十年を語りたかったが筆力がない。

私はプロの執筆者ではありませんのでご容赦ください。

もう何もかも手遅れになったところで自分の過ちに気づきました。

性格のせいでもありますが、ほとんどはベンゾジアゼピンの持つ薬理だと思っています。

余計なことをせず近現代史に専念しておけばよかった

朽ち果てた体になってそう思うのです。

体はもう甦らないでしょう。



東京での出版編集者の方々。最高の出会いでした。私が馬鹿でした。

歴史観一本で行けばよかった。

今はもう40代で肉体が朽ち果てています。

親からは見限られました。親にずいぶん迷惑かけました。

朽ち果てたからでめぐる思い。

外は風が吹き鳥が鳴いている。

いいところです。こんなところに住みながら
破壊的なベンゾをのみ意味不明な言動朽ち果てました。
志半ばです。
医者は認めないでしょう。精神病扱いでしょう。

悲しいです。

↑このページのトップヘ