ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



2016年06月

<スポンサーリンク>

自分では認めたくないが、遷延性離脱という最悪の事態になっている。
肩、背中、腕、頭部、顔面、手足、臀部、全身の筋肉が萎縮、薄くなっている。
2年前減薬と共に体重がスルスル減るものだから、
喜んでいたら、
胃痛ともに頭部、顔面、背中、肩の筋肉の異常な落ち方。

食欲不振が延々と続く。去年一年、食べても太らず逆に痩せていくばかり。

内科の検査連続。異常なし。逆に統合失調症を疑われた。

とにかく食べるようにした。食べることに努めた。
半年で6キロから8キロ太ったが筋肉は落ちたままで
情けない体つきになってしまった。

ベンゾを減薬するたびに、手の甲や足の裏がスカスカする。
考えられない筋肉の落ち方。

中枢神経に作用する薬を常飲していたのだから、当然の薬理なのかもしれない。

内臓の働きも悪い。

意識と心だけは謙虚になった。

破壊的な作用をする薬を盲信して飲んでいた。自業自得といえばそれまでだが、
回復を待つしかない。





<スポンサーリンク>

肌と髪の劣化。ビオチン欠乏症だと思う。
栄養学を無視して適当に減薬したらこの有様。

ビオチン(ビタミンH)を補充しなければならない。もう手遅れの感もあるが。


http://blogs.yahoo.co.jp/anti_white_supremacy/10021821.html


上記サイトにヒット。

ベンゾ離脱でググるとよくヒットするサイトです。

筋肉減少、遷延性離脱に関しても述べられています。
http://blogs.yahoo.co.jp/anti_white_supremacy/13717335.html
<スポンサーリンク>

長い間、笑っていないことに気づいた。
ベンゾをがぶ飲みしていたころは、
完全にラリっており、心から笑ったことはない。

常にポーカーフェイスで変なことで怒り出していた。

心から笑ったことがない。感情を喪失していた。


減薬して日中、薬なしで過ごすようになって、
笑顔を意図的に作るようにした。

悲しいかな、顔面の筋肉は硬直しており、シワも増えた。
老化のせいでもあるが、これまで筋弛緩作用のある
ベンゾを大量に飲んできたわけだから、筋膜に異常が生じて当然である。

笑顔を作ると目の周りが少し
痛い。少しひりひりする。
ベンゾ飲む前は自然に笑えたのに。

ベンゾで頭をぼかされ、筋肉を硬直させられた。

本当にひどい薬だ。

少しでも笑顔を作り真人間に近づきたい。







<スポンサーリンク>

胃痛と背中痛が酷い。過去のことばかり。それも平成元年ごろ。
若かった頃。ああすればこうすれば、と。
離脱症状というより、年齢のせいかもしれない。

あまりにも病的にこだわるのでやはり離脱症状だろう。


薬に依存したのがよくなかった。

それ以前に自然な人間関係を築けなかったところに問題がある。

これは性格、家庭環境の問題。

後悔しても若返るわけでもないし、こうなったら再服用して、
それなりの日々を送ったほうがいいのかもしれない。

薬飲んでぼうっとする感覚がたまらなく嫌だけど。
<スポンサーリンク>

ブログの更新をやめる方針でいましたが、再開。

完全断薬には至らず。一錠残っています。
(耐性がついているので実質的に常用量離脱)
あれから、胃の具合が悪いのにもかかわらず、
とにかく食べて体力をつけるようにしました。
離脱で激ヤセ弱った体に少しでも栄養をと考えたのです。

胃が辛くとも食べました。一人なので外食で気を紛らわすことも。
半年で10キロ近く太りました。

筋肉の減少は相変わらずです。
悪性離脱ってやつでしょうか。

病院いっても、どこに行っても不気味がられる。

少しでも笑顔、をと心がけています。

過去のこと、グルグル思考。
辛い日々です。

低体温が改善されただけましです。

何でこんな薬に手を出したのか。

知らない間に中毒になっていた。精神科医の思惑通り。

内海聡氏のブログ、FB、著書を読んでいます。

なかなか参考になります。

完全に手遅れ廃人と化しつつあるのですが、
少しでも機能回復で意地を見せています。
離脱と副作用の苦しさ、原疾患以上です。

こんな時に一人で家事をこなさなければならない。

もう限界が近いです。

みなさんコメント欄でサポートお願いします。

↑このページのトップヘ