ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。





<スポンサーリンク>



2015年12月

<スポンサーリンク>

今年も今日で最後である。本格的な減薬に取り組んで、苦しい離脱症状に悩んだが、
家族との関係が改善。


今まで距離をとっていた家族と連絡をとれるようになった。
正気に戻ってうれしいのはこういう時だ。


離脱症状の胃痛やストレートネックに悩まされながらも、
久々に家族から連絡があった。


これも減薬をして正気を取り戻し、礼節をつくしたからだ。


減薬すると一日が長い。苦しくても、正確な時間が流れる。


一年が長かった。薬を多く服用している時より濃密な一年だった。
これまで多くの時間を薬でぼかせして過ごしてしまった悔しさ。

残りの人生を後悔と喪失感の中で過ごさなければならない。

久々に遭った家族にこのことを話すと、
「気を楽に」「笑顔を」と励ましてくれた。

年末の忙しい時期に駆け付けてくれた家族に感謝。


家族の助けがあれば減薬断薬は可能だ。

しかし離脱で痩せこけた私の外見に驚いていた。


この外見をなんとかしなければ。
新調したウォーキングシューズを履いて歩きたい。


歩くことで筋肉を鍛え、血流を良くして、汗を流し、薬物を排出する。
これで体が良くなればとという家屋の愛情に涙した大晦日。
まだ私には支えてくれる家族がいる。

打ちひしがれた日々から信念に満ちた人生を取り戻したい。



一年の最後の意外な愛情に涙した。

このブログでコメント、メールを寄せてくれた方、
本当にありがとうございます。感謝です。

苦しい中本当に助かりました。良いお年をお迎えください!


<スポンサーリンク>

筋肉のこわばり、焦燥感、強迫観念、テレビ見れない
(昨日少し見た、慰安婦問題
安部政権に反対云々と聞こえた(「まだやっているのか」と。
あと帰省ラッシュ。)、
本雑誌を読む能力が低下、
離脱症状を和らげる方法はないものだろうか。

薬が抜けて意識がはっきりするたびに離脱に伴う肉体的苦痛さえなければ、と思う。
ベンゾを甘く見ていた。
2年前に書いたこ認識の甘いこと。


減薬してしばらく不眠と過眠を繰り返したが、ここ数日早寝早起き。
服用中はやや乱れがちだった。


薬を飲む前の感覚に戻っている。15年前と外の景色は変わらない。

自分の中身、精神が薬によって蝕まれていた。


減薬断薬がうまくいっても、失われた歳月と弱った肉体と精神は回復しない。

筋肉の低下も阻止したい。軽く室内スクワット。

本当は外歩けばいいのだろうけど、外見が少しヤバい。
奇跡を信じるしかない。

<スポンサーリンク>

今は体重70キロ前後(身長は175くらい)で安定しているが、
ベンゾを最大でのんでいた時100キロ以上あった。
それがこの最近、特別な運動もしていないのに、
年に10キロ痩せる現象が起こった。

禁酒していたので、そのせいだと思い込んでいた。
それでも肥満90キロでそれ以上痩せないと思っていたら80キロ台に。

これで禁酒+食事制限をしたら半年で70キロ台。

妙な痩せ方をした。小食なのに食欲がない症状、
はじめは満腹中枢が正常化したなんて思っていたが、
ベンゾの離脱症状だった。

胃痛胸焼けで体重が減り、病院を駆け回った。
異常なし。今は食べるようにしている。小食なのに体重が安定。

摂食障害のような症状が出ているが、離脱症状だろう。

肥満の時は常用量離脱で痩せて行ったと思う。

その先は通常の離脱。

混乱するのは、食事制限をしたこと。

常用量離脱と食事制限と通常の常用量離脱で食欲不振が続いている。

髪質はパサつき。先月よりマシになったが、それでもパサつく。
白髪が目立つようになった。

体つきがキャシャで周りから見下される。
悲しい。

以前のような恰幅の良さを取り戻したいが
ベンゾ飲んで安定させてというやり方はしたくない。
薬に振り回されたくないからだ。


<スポンサーリンク>

とりあえず今の10㎎ペース+頓服を少し。

これで脳内ホルモンを安定させ調子よければ、半分ずつ減らす。

1ミリ単位では減らさない。自分の場合、強迫観念にとらわれそうだから。


なるべく栄養のあるものを食べる。

白米はもちろん、大根白菜、鶏肉、魚、(なるべく青魚)
そう昔日本人が食べていたもの。

旬のもの。

外見をどうするかだ。そんなにひどくないと思っているが、
やはりどこかおかしいんだろう。
目がヤバいのかもしれない。
目は戻らないだろう。ホルモンバランスが安定しても戻りそうにない。
昔の写真、原疾患で苦しんでいたが、目は生きていた。

-------------------
減薬は医師の指示通り。私はむしろ減薬に反対していたが、勝手に減らされた。
これは医師が良心的なのではなく、マスコミ報道の影響。

それまで「私はインターネットのいうことを信用しない!」と突っぱねていたから。

減薬の速度が速すぎると思ったが、すでにかなり減らした。

それでもまだずいぶんな量が残っている。

服用時に買い揃えたものを見るたびにいたたまれない気持ちになる。
やたらテンション高かった。

どうでもいいものを買いすぎ。
余計な事務雑事を増やし過ぎ。
世間体にとらわれた面もあるが、異常な行動(合法)を可能にしたのは
薬の影響だと思う。
今は人生観を変え、お金を節約し少しでも生きながらえるようにしたい。





<スポンサーリンク>

とりあえず朝食を復活。一日だけ抜いた。
体が衰弱しているのに、これ以上栄養を減らすのはよくない。

食欲がなくても食べるようにした。しかし無理な時は食べない。

年末なのに例年とは違う。
かなり薬の量を減らしたからだ。

精神状態下降、睡眠リズムは今のところ安定(過眠は解消しました。
抑うつがですというのは本当です)

外見が変わった。髪質、ボサボサ、筋肉低下、顔つきは目がくぼんだ。
業者からバカにされる。近所からも。

ベンゾ15年ものんで減薬したらそりゃおかしな顔つきになる。

小中学生みたいだ。数年前までの恰幅の良さと貫禄がなくなった。

悲しい。時にグルグル思考に悩まされる。

精神薬は患者を実験台にしているのがよくわかった。

精神薬のメリット情報を集めて自分を肯定しようとしているが、
やはり、こんな薬をのんでいてマトモなわけがない。

肩こりからのんだ。整形外科でも内科でも処方されるが、
自分の場合量と期間が多すぎた。
自分の体が復元しない。

親は農村で老老介護疲弊している。

もう精神科に従順に従うしかないのか。

この先一人でどうやってやっていけと。
脳、筋肉、内臓が弱っている。

認知能力も低下している。
家事でもミスが多くなった。
薬を飲んだ15年が悔やまれる。途中引き返せそうなときが何度もあった。

今くらい情報があればやめていたのに。
残念だ。


↑このページのトップヘ