ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



2015年10月

<スポンサーリンク>

セルシン、残り4ミリ断薬したのは失敗だったかも。

医師が減薬6ミリOKだしたのは残り4ミリがあったからだと思う。

しかしもうセルシン断薬して15日以上。
少し胃が苦しい。
背中、首がこる。うつ状態。勝手に断薬したわけだから、やばいかな。
また戻すの嫌だし。
レキソタン7.5㎎(2.5ミリ㎎朝、5㎎夕)


<スポンサーリンク>

思わず再服薬を考えるほど。

減薬スピード早すぎたか。

一日寝たきり。業者への対応何とか。
3食食い過ぎかな。
2食はそこそこ食べられる。

<スポンサーリンク>



これまでの長期大容量処方のベンゾの一つセルシンの一気断薬に成功。
レキソタン5mgがあるから大丈夫と判断したからだ。

これは素人見解ではなく医師がセルシンを10mgから4mgに減薬する際に
「レキソタン5mg」があるから大丈夫という判断からヒントを得た。


医師の減薬では離脱症状(胃炎、胃痛、うつ)がものすごかったが、
この10月になると楽になり、残り4mgを一気に断薬。

レキソタン単剤化に成功した。

今のところ胃痛はない。

不安感も消えてきた。ただ過去の後悔ばかりが甦る。

ベンゾ離脱にセルシンが推奨されているが、自分の場合、セルシン(ホリゾン・ジアゼパム)
が一番ヤバいと思う。
それにしてもレキソタンとセルシンの併用処方なんて。
それもセルシン、レキソタンともにMax(5mg×3)で8年も処方されていたなんて。

意味のない自信、多幸感はここからか。人の気持ちが分からずヘラヘラ、ラリっていた。

今もそうだろう。完全に抜けない。
精神薬は一度手を出したら終わりとどこかの医師が書いていたが当たっている。

自分は肉体疾患=首肩のコリ、左半身の筋肉硬直が原因。

ベンゾ飲まずに耐え忍ぶべきだったのか。

いずれにせよベンゾ精神薬の過飲で人生で大切なことを見失っていた。



18:49 2015/10/30

<スポンサーリンク>



セルシン減薬、2ミリ×2(朝夕)を断薬してから15日になる。
胃腸に今のところ問題ない。不眠とウツが出るようになった。

これが辛い。

今までレキソタンとセルシンの併用処方に疑問を抱いていたので
セルシンを削りたかった。

医師に単剤をすすめられたとき、「セルシン」削減レキソタンで単剤化を選んだ。

アシュトンマニュアル等ではセルシンに置き換えるとあるが、
自分はどうもこのセルシンが厄介だと直感的に感じていた。

少数ながらネットにセルシン(ホリゾン)・ジアゼパムの脂溶性
に基づく有害性が説かれていた。

去年から大胆なセルシンの減薬で今年地獄をみたが、今落ちつきつつある。

地獄とは胃炎、食道炎、体重減少、貧血である。

体重が減った時に体内に蓄積されたセルシンがかなり排出されたのだろう。
運動ではなく食事制限で体重を落としたので免疫が下がった。

もっとも体重減少や免疫低下はベンゾの常用離脱、副作用と言われているので
根本のところの因果関係は不明だ。

とにかく脂溶性のセルシンが体重減少時に相当体外に排出されたと思う。

レキソタン単剤にすると何となく調子がいい。
完全断薬すると頭がクリアになるのではないか?という希望がある。
もちろん一旦精神薬に汚染された脳が元に戻るとは思っていない。
ベンゾ漬けになっていた頃よりは豊かな人生が切り拓けるの
ではないかという根拠のない自信がある。
(反対に失意と失望で打ちひしがれる時もあるが)

まだ病気だw

<スポンサーリンク>

レキソタン セルシン 長期大容量を一年がかりで
減薬して感じたことは、

ベンゾを服用し続けると「時間」の感覚を無くす。ということだ。

減薬が進むにつれ現実感が出てくる。同時にゆっくりとした時の流れ
を感じるようになったからだ。
ベンゾを最大で服用していた時の一年はあっという間だった。
それが今では普通になる。(この普通が離脱の際「苦痛」となるのだが)
減薬すると時間の感覚が正常化するようだ。

ベンゾは怖い。

はじめの1か月と良いと言われるが、いったんベンゾなど精神薬に
手を出せば苦痛を緩和するのに
ベンゾが必要となり依存が形成されていく。

依存になると完全な薬物依存者となり奇異な言動を取り始める。


これが精神薬の怖いところ。
体から抜けるにつれ時間の感覚が正常化する。

同時に離脱で「ウツ」症にもなる。
体重が減ると「喪失感」「空しさ」に支配される。

現実の自分は年齢を重ねている。精神薬を服用して自殺が多いのは
この正常な感覚に耐えられないからであろう。
元失陥の苦痛はベンゾ以外の方法で緩和すべきだった。


(今夕は胃の調子が良かった。少しは離脱が緩和されてきているのだろうか)

↑このページのトップヘ