ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



2015年09月

<スポンサーリンク>


今朝は昨日と違って胃が重く苦しい。

減薬してから不調続き。

胃カメラ2回検査しても異常なし。
ただピロリをきちんと検査していないのが気になる。

グルグル思考の内容:(過去の間違い、チャンスに今さらみえてくる。
自分が見えていなかった。今さら気づいても仕方ないが。
このまま苦しんで死ぬのか。
ありのままの自分で良かった。)



<スポンサーリンク>

ベンゾの量を3分の一減薬してこの10月で一年になる。
半分にして3か月。
離脱の
胃炎胃痛で苦しみながらも、今日は思い切って外出。

近所の人たちと話したり、買い物へ。
体重激減とベンゾ離脱で感覚が違う。
なぜ若いころ馬鹿な真似をしたのか?
取り返しのつかないことをしてベンゾ飲んでラリっていた。

今はもう時代が変わった。世代が変わった。
道行く人がもう一回り若い。

自分は時代に取り残された。

個性や才能をベンゾ過飲で台無しにされたように思う。
若さゆえの間違いもあるが今から思えば奇異な行動は
ベンゾ特有のものだったと思う。

今の自分に残された人生は短い。
今から真人間に戻るには年を取り過ぎた。

多くのモノを失った喪失感に打ちひしがれる。
せっかくのチャンスと才能をベンゾで大きな気になって行動したことで
台無しにした。せっかくの金とチャンスと時間と信用をすべて失った。

ノートに書く代わりにブログにつづる。

向精神薬はその人の人生を奪う。今もかなりの量をのんでいるが、
断薬まで喪失感と空しさは消えないだろう。



<スポンサーリンク>


離脱対策に軽い体操を取り入れた。
痛みがあっても思い切って肩と背中をグルグル回す。

これだけでいい。気分が乗った時に体を動かす。

ストレッチやヨーガでもいいんだけど、気軽に手軽にできる
動的体操が取り入れやすい。

胃の具合を少しでも良くするのにほんの少し気合を入れる。
うつ状態が続いているだけだから、胃痛にあまり過敏にならない。
人と会うのも嫌になるけど、どこかで人と会って話すようにする。


外の刺激も大切。

但し無理しないで自分を肯定する。
自然と一体感が出た時、「これで良し」と思い込む。




<スポンサーリンク>

ベンゾ減薬で苦しんでいるのは、主に胃痛、胃炎、
グルグル思考、首背中のコリだ。
胃と脳はつながっていると言われるように胃がやられると、
うつ状態になる。食欲減少、体重激減といった症状が出てくる。

一年で20キロも減ったら周りがぎょっとした目で見る。

今まで太っていたからダイエットしたと思われていたが、
実は向精神薬、ベンゾ減薬による激ヤセ。

顔つきがげっそりと自分でみても気持ちが悪い。

グルグル思考は過去の記憶が次々と出てくる。

後悔、自責と負の思考のループ。

減薬し始めのころは寝汗がした。通常の自律神経失調症になる。
これがまた苦しい。我慢するとようやく寝汗はかかないようになった。

やはりベンゾがかなり作用していたのが分かる。

首背中のコリも酷くなった。元失陥の一つでもあるが、
離脱の首肩のコリは違う。
全く動けないほど硬直する。これでも一日14ミリ
(レキソタン10ミリ/DAYセルシン4ミリDay)
のんでの症状。Max30ミリの大容量を長期服用していたのだから、
今の自分は絶望的だ。
家族しかいないが遠方に住んでいる。経済的支援を受けている。
受けざるを得ない。

残り14ミリ。時間との闘い。家族の理解と経済状況をどうするかだ。

絶望的である。体も衰弱している。自分を信じるしかない。


<スポンサーリンク>



ベンゾ歴15年

レキソタン5mg×3
セルシン5mg×3の処方を8年(平成19年から)。


平成26年秋にベンゾを本格減薬して一年になる。
レキソタン5mg×3→5mg×2
セルシン5mg×3→2mg×2


セルシンを大幅に減らした(医師が勝手に減薬をした)

MAX30mg/Day・10年から現在14mgとずいぶん減ったが、
壮絶な胃炎、胃カメラを2回。検査するも異常なし
。食欲不振。貧血、体重激減(現在64キロ前後)
背中のこわばり。
顔つきがげっそり。宅配業者にも心配されるほど。

精神的な症状がすごい。
やたら過去のことを思い出す。チャンスを自ら潰していたことに気付く。
ベンゾで人間性が麻痺していたようだ。
今は失った人間関係とチャンスの喪失感と後悔で気が狂いそうになる。

その間に両親にものすごい負担をかけていたことに気付く。
贖罪意識で謝ってばかり。
「身の丈!」をスローガンに自らに人生をやり直している。

ベンゾは怖い。人間性を麻痺させ、気が大きくなり、人の心が読めなくなる。

自分の持っている悪いところが増幅される。それでもヘラヘラしていた薬の怖さ。

「もうダメだ」正直「もうだめだ」、という絶望感。一日一日をいかに生きるか。

痩せこけた体、ベンゾもずいぶんぬけたのだろう、空しさと空虚感。
医者には抑うつ(気分変調)と診断されたが、
完全にうつ病だろう。

食欲がない。体が痛い。これまで人間の温かみを無残に切り捨ててきた
自分の愚かさ。

サインペンで日誌やノートに殴り書き。完全に錯乱状態になる。

外出時はかろうじて正気を保っているが、
自宅で療養している間は気が狂いそうになることばかり。

余りの辛さに実家の父にベンゾ離脱をメールで知らせても
理解してくれず電話で怒鳴られた。

なんとか「理解してください」と平身低頭。

ああ、それよりベンゾが抜けるたびに失ったものの大きさに涙が出そうになる。
胃が動かない。これは脳の中のホルモンが乱れている。
脳がイレギュラーを起こしている。
精神薬恐い。ここで抗鬱剤などのむものか。
ベンゾを減らし、自らの力で再生してやると、
人生半ばになって誓う。

精神薬は怖い。自分と周りが見えなくなる。自分の言動が完全に狂う。

実務はなぜかこなせたがそれより大切な人間関係が壊れる。
今は失った多くの人間関係に思いをはせつつ、自然体に生きたい。

もう普通の仕事はできないだろう。しばらく親の世話になる。しかし親もそう長くない。
ベンゾの怖さは自分の年齢、親の年齢を感じさせない。
マトモになるほど昔の健全な感覚が甦る。
それでもまだ14mg服用している。

急には減らさない。今でも離脱すごいのだから。
長期大量服用、半分は減らしたがそれでも人より多い。

自分が壊れていくのが分かる。しかし生きたい。

とにかく食べるようにしている。食欲なくても。






↑このページのトップヘ