ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。





<スポンサーリンク>



2015年06月

<スポンサーリンク>

朝夕の減薬をやめた。体調が減薬前より悪化したからだ。
昼減薬分はそのままにして、朝夕のレキソタン5、セルシン5を処方通りに戻す。
余りに急だと精神状態が下降し、寝汗、悪夢、胃炎。

処方量に戻すと胃炎が収まった。
あまり減薬減薬ですすめると強迫観念的になり、別の病気になる。
これでは意味がない。やはり、ゆっくり減薬というのが、理にかなっている。

断薬減薬で健康に、なんてのは幻想で、薬を飲んだら、それを肯定し
QOLを高めたほうが人生全般に良い影響をもたらす。

<スポンサーリンク>

3日の記事に書いたベンゾ増量は、その日の一回で済んだ。
大きなストレスを回避。いつもの減薬ペースへ戻せた。

休業手続きもはかどりひと段落。
再び減薬体制へ。

不安がないことはないが、なんとなく凌げそうだ。

休養を決意するとこれまで生き急いでいたことに気づかされる。
外は雨。梅雨ですね。
<スポンサーリンク>

急遽ベンゾMaxで凌ぐことになった。
大きなストレスがかかった。もっと大きなストレスの予感。
この数日はベンゾを肯定する。
今、減薬にこだわるのは危ない。

↑このページのトップヘ