ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)



<スポンサーリンク>

2015年05月

今朝はレキソタン5㎎のみ。

今夕セルシン5㎎。は休薬。

離脱軽減に無糖ヨーグルトなんかいいです。

今夕は鳥のムネ肉でタンパク質。野菜なども。
栄養は取るようにしています。
米ももちろん食っています。

ある程度パワーがないと離脱を乗り切れませんからね。

減薬が進むにつれ、薬物中毒であることに気付いた。



<スポンサーリンク>

ベンゾ漸減はゆっくり焦らずを心がけている。
~~までになどと計画を立てない。

すでに減薬成功済みの20㎎(レキソタン5×2、セルシン5×2)はそのまま減薬成功として、
残り10㎎はゆっくりと。
ネットを見ていると、レキソタンを減らすのが難しい模様。
朝レキソタン5で晩レキソタン5、セルシン5まで持ち込んだ。
ペース早いけど地獄の冬の離脱を何とか乗り切った(前記事参照)

さてこの状態でどう付き合っていくか。
もう少し早く減薬に取り組むべきだった。いや飲み始めて一年以内に
やめるべきだった。

直観的に気づいていた。「この薬、やめるとき、どうするんだろう?」と。


<スポンサーリンク>

長期離脱を戦うため仕事を休業することにした。
とりあえず資金の移動。
家族への理解の取り付け。

何より「心構え」

減薬中とはいえかなりのストレスが予想される。
環境づくりには今から社会との接点を最小限度にしなければならない。
ある程度のベンゾはまだ私には必要なのでレキソタン5㎎を朝飲んで行動した。

これでもかなりの量だという。
今までレキソタンだけでも15㎎ものんでいた。

今は晩の5㎎が原則。
行動するときは仕方なしに頓服的に朝レキソタン5㎎。

とにかくセルシンを減らしたい。
セルシンはジアゼパムでアシュトンマニュアルで置き換えが推進されているが、
私の場合、セルシンをカット、レキソタン単剤にして少しずつ減らしていく方針だ。

離脱症状で劣化した体をさらすのは、ずいぶんストレスになる。
心理的にもおかしな状態になる。しかし「自分を取り戻す」という信念を心に刻み込み
行動している。
いつどんな症状がでるかわからない。

自暴自棄になりそうなときは、ネットの存在を思い出して離脱をがんばりたい。


<スポンサーリンク>

昨日の朝から休薬している。一日断薬である。
息が苦しい。グルグル思考。
過去のことを後悔。

2年前、ためしに5日ほど断薬したことがあるが、その時はこのような症状はなかった。
当時より体力が低下している。
ベンゾを断ちたい。しかし急な減薬や断薬は命の危険に関わる。
呼吸器にも影響もあるそうだ。

この苦しみに耐えながら家事と簡単な仕事をこなさなければならない。

真人間に戻りたい。15年前の自分に忠告したい。
20年前に戻りたい。ベンゾをのまざるを得なくなったストレスから回避するよう
過去の自分に忠告したい。


<スポンサーリンク>

ベンゾジアゼピン長期大量服用で蝕まれた心身を修復するため、
戦う決意をした。
まず仕事をやめる。各種手続きをゆっくりやっている。
これがまたしんどい。減薬での離脱症状で免疫が低下しているからだ。

数年前ならなんなくこなせたことが今はできない。

長期服用である日突然の体調異変。そして免疫低下。
恐ろしい薬だ。
この先心身がどうなるか分からない状態での手続き、撤収。
家族の理解が今一つなのが残念。


<スポンサーリンク>

レキソタン5㎎、セルシン5㎎減薬中です。
去年秋に昼一回分(レキソタン、セルシン合わせて10㎎)
来ましたね、離脱症状が。
グルグル思考と遠い過去の記憶がフラッシュバック。

ノートに書きつづる日々が続きました。
少食なのに食欲なし。耳がガサガサ。

今は胃腸の具合が少し回復。
ベンゾにこんなに毒性があるとは。
医師も15年長期処方してきた。それを「長い!」と。

あんただろ処方箋書いたのは。

今は3分の2、減薬できている。免疫が減り、体重が減った。
この先まだレキソタン5㎎、セルシン5㎎=一回分が残っている。
その時体重が何キロになるか怖い。今は太るように食べている。
一番つらいのは体の症状と、時折訪れる過去の記憶。
誰か助けてほしい、甘ったれだがそんな考えが浮かぶ。
この依存性薬物を長期大量長期処方した医師には責任あるが、
副作用と後遺症は、闇から闇だろう。

自分がどうなるかわからないが減薬を続けたい。


過去の記事見ると自分の愚かしさが伝わる。

<スポンサーリンク>

ベンゾ服用期間・15年(2000)
現在の服用薬(レキソタン5mg、セルシン5mg)×3.を9年。


ベンゾ減薬開始から10か月。体重が15キロ以上減った。
食事制限していたのもあるが、
あきらかにベンゾの離脱症状だと思っている。
痩せたというより「やつれた」のである。

粘膜はやられ胃炎、カンジダ食道炎、
ドライアイ、
不眠、フラッシュバック、負の思考。
(グルグル思考)。汗(寝汗)がすごい。
ざっとこれだけの症状におそわれた。

心療内科、精神科にかかった自分が馬鹿だった。
ベンゾジアゼピンという体を蝕む毒をもらいに
わざわざ時間と労力とお金を使っていたのだから。


離脱症状を医療関係者は否定するだろう。
しかしネットには体重減少、免疫低下の情報が山のようにある。
現に私が体験している。
普通ではない。近所の方が見るに見かねる惨憺たる体に。
精神状態も不安定。

ベンゾジアゼピンはのんではいけません。のむことがあっても2週間以内にしてください。
既に長期大量服用された方、減薬しましょう。
ゆっくりでいいです。焦らず、飲んだ自分をいたずらに卑下することなく、
マイペースでベンゾを減らしていきましょう。

自分の力、自然治癒力を信じて。



<スポンサーリンク>

ベンゾ減薬の離脱対処法。

1)家にいる。
2)自炊で三食バランスよく食べる。(外出困難な場合宅配などを利用する)
(免疫抵抗力が減るのでその予防に。暴飲暴食に注意)
3)水を飲む
4)禁酒(アルコールは肝臓に負担。体内ベンゾの解毒を妨げる)
5)鼻呼吸(ヨガのマネゴト)
6)シャワーを浴びる
7)近所の人の理解を得る(これが難しいかもしれないが)
8)今まで恐れていたことは実はそれほど恐くないと心得る
9)家にいても堂々とする。
10)できれば外出をする。体に支障ある場合無理しない。

経済的不安を軽減する工夫をする。節約、親などから支援。
難しい場合は役所へ。
その他、ベンゾでボケていた頭への刺激を正常な感覚として受け入れる。

ある程度経済力が必要ですが、参考になればと。



<スポンサーリンク>

のんだ自分が馬鹿だった。
ベンゾジアゼピンという成分がストレスの特効薬というのを
本で知って研究し、自ら心療内科に赴いたのが15年前。
ちょうど21世紀。

のみ始めたころは魔法の薬、処方医を神のように思っていた。
ネットでベンゾ批判を知ったのは、3年前。

はじめは何かの商売か企画だろうと思い、
ベンゾにたいしてそれほど危機感を
持っていなかった。

ところがのみ始めて数年前(服用から13年目)くらいで、体重が減ってきた。
禁酒のダイエット効果と思い込んでいて、それもあるだろうが、
今では常用量離脱ではないか?と思っている。

ネットの情報が気になって、
昨年秋、医師の許可のもと、昼一回分を減薬すると、手足が震えた。
「これが離脱症状か?」と思いながらしばらく安静にすると手足の震えはおさまった。


しかしそのあと胃の具合が極端に悪くなり体重が激減。
冬は地獄のような思いをした。ひたすら安静にして家事をこなす日々が続いた。
家族の支援は電話のみ。しかし会話が成立しない。ストレスで白髪が増えた。
地獄のような冬だった。
今から思えば典型的な離脱症状だったのかもしれない。
肥満だったので食事制限痩せて喜んでいたが、どうも食事がすすまない。
ダイエットしていたこともあって、食事に対する強迫観念もあったのだろう。
だんだんやせ衰え、これは違うと、ついに内科を受診。
胃炎と食道炎になっていた。

それが今は少し収まったが、免疫力が減っていることに気付いた。
風邪気味、夜眠ると寝汗、過去の記憶が出てくる。
苦しさで自分の思いをノートに書き殴る。(これが結構効果ある)

今ではベンゾジアゼピンは免疫を後天的に減らす薬ではないか?と思っている。
後天性免疫不全、エイズの初期症状のような病気が頻発するのでは?と。
幸い自宅療養できるので、自然治癒力でおさまっている。
免疫、抵抗力が減っているのでネット検索すると「自己免疫疾患」になる」という記事に
ヒットした。2chなどでも免疫、抵抗力が減るという投稿を散見。
減薬、断薬で免疫抵抗、そのままベンゾをのんでいても
耐性がついて常用量離脱で免疫が減るとある。
恐ろしい薬を長期に渡り大量に服用していた。

今ではもう引き返せない。医師に相談しても会話が成立しない。
むしろ内科を受診したことが気にくわなかったらしく、裏から手をまわされたようだ。
完全に孤立だ。弱っているところに孤立。インターネットしかない。

薬の量を3分の一に減らしたが、それでもほかの人より服用量が多い。
一気断薬の誘惑に駆られるが、怖い。
地獄である。人によって離脱症状に違いはあるだろうが、自分の場合長期大量なので
相当な覚悟が必要。その間にさまざまなストレスや変化が予想される。
ベンゾの減薬離脱を計画しつつもベンゾ無しではやっていけない自分がいる。

自分の体がどう変化するか分からない不安もある。

今は落ち着いているので、書きたいことを思いつくままに書いた。

どこか支援してくれるところはないだろうか。





<スポンサーリンク>


去年秋からレキソタン5MG セルシン5㎎×3(DAY)
を朝晩二回にした。
体重が減った。食欲不振になった。
ベンゾ減薬と関係あるか分からないが食道カンジダ(カンジダ食道炎)になった。

個人的には減薬で免疫が減りカンジダになったと思う。
5月から夜一回にしている。
体重が激減しドライアイ、負の思考、フラッシュバック。

かなりキツイ症状。近所の方が心配するほど。

仕事を休む手続をとっているがこれも一仕事になる。

減薬から断薬ってかなりの冒険。

減薬中の今、時間の流れがゆっくり。今までの感覚とは違う。

レキソタン一日15mg セルシン一日15mg。なんという処方。

今は3分の一に減らせているが、精神医の感覚に憤りに近いものを感じる。

体重は去年より20キロ減って64キロ。

下がり方が酷いので糖尿かもしれない。
いろいろ問題が出てきた。

とんでもない薬に手を出した。
医者は話をはぐらかす。

医師の許可が大切というが、ドグマチールを出されそうになった。
こんな医者のいうことよりネットの情報が頼りになる。



<スポンサーリンク>

↑このページのトップヘ