ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



2013年09月

<スポンサーリンク>

セルシン減薬10日目。昼の薬1回分を抜いている。
朝晩のみで10日。

何とか過ごせている。

(2018/01/28一部加筆 リライト)


<スポンサーリンク>

減薬、断薬とはまるでリストラみたいだ。
もちろんリストラする側の感覚。

小規模ながら事業主なので、これまで多くの取引や従業員を
リストラした経験がある。(もちろんこの逆も経験している)

これまで信じて力を合わせ、知恵やヒントをもらった従業員を
リストラした後の「離脱症状」は、酷いものがあった。

それを薬で誤魔化し、今度はその薬をリストラ(漸減)するのだから、
生理的な離脱症状だけでなく、心理的な離脱症状がある。

今度は薬を飲み、処方してきた医師とその処方箋(薬)を切るのだから、
心理的な負担もかなりあるのは確かだ。
心の整理をつけなければならない。

(リストラとは本来restructuring(再構築)という意味で
企業の再編という意味であることは知っている。
いつの間にか首切り解雇の代名詞になってしまったが。)

心療内科の薬を切るというのは、通常の変化や別れリストラに伴う
葛藤や心理的苦しみはもちろん、肉体的、生理的な苦しみが生じる。
この辺に薬の怖さがある。
人生にはさまざまな変化がつきもの。
恐怖不安、離別による喪失感と悲しみ。

こうした症状を安易に薬に頼ったのが良くなかった。

欧米のように処方期間を4~6週間にしてくれれば、
健全な精神(忍耐力、打たれ強さ)を身に着け、
保つことができたに違いない。

なお、今仕事でどうしても薬が必要な人は無理な減断薬は
しないほうがいいと思います。

薬のみながらでも仕事をしなければ生きていけない世の中はどこか
間違っているような気がする。

最後になりましたが今日1回減薬成功。
朝晩(セルシン5mg×2、レキソタン5mg×2/Day)

今後の仕事は今から片付けて今後は単純な作業にするよう、
調整中。

心理的な負担にはプラスイメージと自己暗示、
本来の意味での宗教が必要ではないだろうか。

宗教に否定的な自分もここにきて宗教の本来持つ精神性を認めざるを得ない。



<スポンサーリンク>

朝晩のみ。
セルシン5mg、レキソタン5mg。

これまで1日3回だったのを一日2回に。

ネットのお蔭で医師に減薬させることができた。

ネット世論は熱狂的過ぎる。過去記事で失礼なことを書いたが、
今となっては、減薬を医師の処方から導けたのだから良かったと思う。


医師は知っていてODしていたのなら、悪質だ。
減薬、断薬、離脱に理解のあるクリニックか何か別の方法を考えたい。


まずは無難に減薬から。


<スポンサーリンク>

一度断薬に挫折したが、減薬に挑戦。
医師の診断を受けると、ベンゾに関して気まずそうな反応が返ってきた。
医師は、大手マスコミでも報道されているのに、
強引にネット発のネット限定記事に
脳内変換して、「僕らは素人の書いたこと(ネット)は見ない、信用しない」
と慇懃無礼な態度。
そのくせ「多く出し過ぎていたのは学会で認めており、
減らす方向にするとの結論に達した」とも言った。

「読売、フジ、サピオ等のマスコミで報道されていたが、それについては?」
とこちらが聴くと
ダンマリまたはやや逆切れ。

他の病院でのCT検査結果で診断された
脂肪肝のことにも触れながらやたら体型をなじられた。
(どうやら馬鹿にされていたようだ)
「薬のせいだろ」と率直に思い家に帰って

ネットで検索すると、「ベンゾジアゼピンは肝臓で代謝する」云々といった
北里研究所の研究結果を載せたページがあった。



禁酒2年で20キロ減量。食事もそれほど食べずに仕事、残業。
これでも脂肪肝なんだから薬を疑わざるを得ない。

添付書にも肝機能に影響があると書いてあるではないか。
皮肉にもその医師から、「一日2回にしてもいい」と言われた。
減薬容認ではないか。
しかし、こちらがベンゾジアゼピンのことを聴くまで医師はベンゾジアゼピン減薬を言わなかった。
ストックのため一応一日3回分処方してもらったが、誘導尋問に引っかかった感がある。

後で「患者が希望したから処方した」と逃げるためだろう。
薬のお蔭でこれまで仕事ができていた。
苦痛も緩和された。しかし脳や肝臓といった重要な内臓が破壊されては
元も子もないではないか。
「漸減」「漸減」

減薬即ち漸減するしかない。

急な減断薬は危険だから絶対やらないこと。

今回は医師の指導の下の減薬だから大丈夫だろう。

ベンゾ報道に関する精神医への信用失墜と
脂肪肝がきっかけで減薬することにした。

ベンゾジアゼピン、調べるほどに恐ろしい薬だ。
BZ剤(BZD)として、苦痛を緩和し社会的に復活できた面もあるが、
やめるに越したことはない。

医師と薬を信用していただけに残念だ。

信じてきたものに裏切られた気分。自分を信じるしかない。
相当な精神力が必要だ。

まず今日から一日2回(医師が許可した)、漸減・自然減薬、最終的に断薬できればいい。
離脱症状を覚悟しながら。
今回の仕事を終えたら進退を考え療養しようと思う。
ネット記事は煽り過ぎている面があるが、それくらいしなければ、
啓発できなかったのかもしれない。

薬漬け医療で医者は、儲けるだけ儲けて「バ~カ」とし舌出しているのではないか。

ベンゾジアゼピンそのものは否定しない。
出し過ぎ、減薬断薬を視野に入れていない医療の在り方に問題がある。
表面化しても、すでに逃げ口上構築と組織結束、そして
患者から搾取した金で潤っているので
気にも留めていないだろう。
昔やたらサピオの小林を攻撃していた政治的な医師なのが気になる。
こう書くとネトウヨ扱いされるのか。

今のところ、この医者と関わりながら、対処していくしかない。


(2018/01/28一部加筆 補正 当時の記事をできるだけ尊重しました。)






<スポンサーリンク>

マイペースで仕事。感を取り戻してきた。

無理な減断薬で時間を潰した。

ある程度ベンゾジアゼピン薬容認しないと、健康状態だけでなく、何もかも調子が狂う。

今はマイペースを取り戻しつつある。
やはり薬は飲んだほうがいい。

で、日常生活と仕事が軌道に乗れば自然と薬が減っていくので、
それに任せればいい。


2018/01/28一部リライト





↑このページのトップヘ