ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。





<スポンサーリンク>



2013年08月

<スポンサーリンク>

自分の服用している薬を何気にネット検索してから、
ベンゾ系の怖さを知った。あまりに多いので、
何かの政治的意図があるのでは?と少しばかり疑念に思いつつも、
減薬中。

昨夕から筋弛緩剤含めて一気断薬。苦しかった。
全然寝付けなかった。
でこれでは、仕事どころか日常生活もできない、
何より苦しい。


夕食後にレキソタン5mg復活。

そういえば、「自分で調整していい」と医師が言っていたような記憶がある。

これからは 筋弛緩剤、レキソタン5mg/dayにして徐々に削減していきたい。



<スポンサーリンク>

もともとベンゾ服用する以前から


ベンゾ離脱の症状で、「首肩がこる、こわばる、
不眠」とあるが、

自分の場合、ベンゾ服用前にこれらの症状(極度の首肩のコリとこわばり、不眠)
に悩まされていたから、
減薬断薬に伴う離脱症状なのか、ベンゾで抑えていた
本来のストレスによるコリ、こわばりが
解放されるのかよくわからない。


失礼だけど、リアル、メンヘラーの人たちと自分では前提が違う。


但し、ベンゾの危険性に関しては同意見なので、
減薬・断薬したい。


2018/07/11追記 >リアル、メンヘラーの人たちと自分で =これ突っ込まれると思っていましたが、やはりご指摘受けました。 こういう選民意識はどこから出てくるのでしょうか?  何もかもクスリのせいにはしませんが、これはやはり薬の影響だと思います。
<スポンサーリンク>

レキソタン5mg
夕食後の一回を休薬。

少し体にこわばり。

もとから、ベンゾジアゼピンは緊張性筋肉をほぐすために用いた。
しkしベンゾジアゼピンには中毒性があるから
極端な断薬は無理である程度は仕方なしに服用。

レキソタンをいかに減らしていくか。

(2018/01/28一部リライト)



<スポンサーリンク>

今セルシンを削減してアロフト20mgとレキソタン5mg×3/Day


レキソタンを削減して、セルシンにすべきだったか。

ネットにベンゾ系の危険がこれほど書かれていたのに、
ラムネ感覚で飲んでいた。

薄々「やめるときどうなるんだろ」と不安に思っていたが。


今はベンゾ系はレキソタンだけ。それでもMAX15mg/DAYに頓服5㎜(頓服は飲んでいない)

医者はオーバードースしていたわけだ。

「あの野郎…」と思わず。
ネット検索でいろいろ調べると読売新聞が中心になってベンゾ危険報道。
事実だけど、煽り過ぎなんじゃないか。読売新聞紙面は読んでいないけど、
大マスコミで報じているところが読売新聞だけらしい。
この親米新聞の裏になんか政治的意図があるのではないか?と勘ぐっている。
が、向精神薬は減薬・断薬したいので、今の機運は助けになる。
(自分は反米ではないですよ)


(2018/01/28一部リライト) 本当は残すべきヤク中時代の記述一部リライト、編集しました。
趣旨は同じです。






<スポンサーリンク>

4~5日前の猛暑酷暑がウソのように涼しくなってきました。
減薬・断薬に絶好のシーズン。

離脱症状がこれから出るかもしれませんが、「代替」で抑えられる症状は
抑えて安静にしたい。
首肩のコリ→市販薬局で湿布や塗り薬。

睡眠リズムがバラバラになるのが少しつらい。

向精神薬は本当にやめたい。仕事は一旦休職。
免税してくれないかな。





↑このページのトップヘ