ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



毎日更新の本家ブログでも記している通りレキソタン5mgで安定をはかっています。

これまでの減断薬で耐性がついていないためか鎮静効果を実感しています。


おかげで眠り込んでしまい昼夜逆転です。


あまりにもひどい苦痛にはレキソタンが有効です。ただしあくまで最終手段。

これを読んでいるみなさんはレキソタンや睡眠薬(睡眠導入剤)に手を出さないでくださいね。
不眠や肩こりは温泉にいったり、おいしいものを食べて遊びにいくなど
生活の中に娯楽をもたらしてください。


漢方でも構いません。向精神薬だけには手を出さないでください。

肩こりと不眠で悩まされていた原疾患の頃より今のほうが苦しい症状に悩まされ、
レキソタンをのまざるを得ない状況になるよりはマシですから。


今の私は最終手段としてのんでいるのです。

それはそうとレキソタンが最後の砦。

耐性を気にしながら増量。毎日服用しその鎮静効果にすがっています。

筋肉減少の原因は不明です。過労、家庭環境の急激な変化・・・
よくわかりません。

30代なぜ自滅的な生活を自ら送っていたのかも不明です。

本家ブログもよろしくお願いします。



<追記>9月下旬ごろから毎日入浴。これは昨年までのことを思うと進歩です。 さらに明日10月15日は障害基礎年金の振込み日。 お金ってエネルギーだと思います。 だからこそ正しい人に持ってもらいたいのですが、悪人ばかりが栄える始末。。



歳月の流れは早いもので10月半ばになりました。

本家ブログは毎日更新しております。

こちらのブログを忘れたわけではありません。


ライブドアブログには過去の貴重な記録があります。



福祉ヘルパーを呼ぶ前の状況から福祉導入に至る経緯。

相談支援専門員のTとの確執。さらにALS疑惑。障害年金受給。

2018年になっても筋委縮は進行しました。

しかし生きています。


レキソタンはやめていません。まだのんでいます。辛い症状の毎日
、生きています。

ベンゾジアゼピンで被害を受けた方々の励みになれば、
とブログでありのままを書いています。

一人で減薬、断薬しないでください。

家族の協力又は福祉を導入してください。

マイナーとはいえ、離脱症状は想像以上に辛く、筋肉症状も出てきます。

脳のホルモンに影響するクスリですので、一人での減薬は激しい精神症状との闘いになります。

決して無理しないでください。

私もまだレキソタン単剤が抜けきれません。こんな中でも最低限の生活を守ろうと日々を過ごしています。


本家ブログもよろしくお願いします。




当ライブドアブログの過去記事を読んでいました。
本家ブログの最新記事がアップされる時間ですが、こちらにも少し書いておきます。

福祉はやはり問題の多い世界です。こういってはなんですが、私だから立ち向かえていると
思います。

福祉関係者はどうもウラの匂いのする悪質な人間が多いでです。
特に相談支援専門員。


初代相談支援専門員のTには酷い目に遭いました。過去記事を読んで当時の記憶を辿っています。

昨年の今頃2017年9月ごろ、筋肉がどんどん落ち、障害年金の準備がほとんど手つかず
という最悪の状態でした。

今も筋肉が落ちて辛い状態ですが、障害年金があります。

来年の更新時に「等級落ち」しないか?という不安があります。当面の安心感がありますが。

毎月赤字です。本家ブログ9月23日号に書いておりますのでご一読ください。

それにしても安らぎの日々がありません。年齢も40代後半。絶望です。

給料をもらうサラリーマンや公務員が一番だったと猛省しています。


体力をつけるため

マムシのんでいます。マムシ漬け焼酎はアルコールに
マムシを溶かしてエキスを抽出した飲み物。もはやクスリです。

これを水に薄めると実質的にアルコールではなくなり、
よく効く「漢方薬」です。


これをのんで全身の滋養を高め続けると、
痩せこけた筋肉、萎縮した筋肉にもマムシの豊富な栄養素が行きわたるでしょう。

中枢神経の修復に役立つかもしれません。

マムシは気味が悪く、嫌悪の対象でしたが
、命を救う成分が凝縮されていることに気づきました


日本古来の知恵です。
日々常用にはマムシの粉末が便利です。

皆さんも試されてはいかがでしょうか?

話がずいぶんそれました。

当ブログ。2017年の体調と福祉の記録が克明に記されており重宝しています。


本家ブログがメインですが、こちらの記録も貴重です。


ベンゾ離脱・後遺症で悩まれる方の励みとヒントにもなると自負しています。

どうぞお役立てください。

ヒジヒザ関節回りが痩せこけ、日常生活が困難です。
内臓から治すよう努めています。

今年も何とか生かされました。不安を持ちながらも感謝です。







ワードプレスでのブログ運営に疲れ元々いた旧家ライブドアに郷愁を感じていました。
お金=アドセンスに振り回されていたのも良く無かったです。

ライブドア、ワードプレス(本家)今の段階ではどちらも甲乙つけがたいです。

一時はワードプレスからライブドアブログに出戻りを考えました。(今も少し・・・)


しかしワードプレス(本家ブログ)で頑張ります。


ワードプレスはお金かかっています。有料テーマにサーバー代。

まだ未完成ですが今後ともよろしくお願いします。

ライブドアブログは息抜きダッシュボード的に使いたいです。

ワードプレスの本家ブログはクオリティを高めてい
きますのでご愛顧いただくよう重ねてお願いお申し上げます。



体調悪いです。夜中でも起きています。今夏は皮膚症状がマシです。
ただ内臓の調子が悪い。

漢方を中心とした生薬(マムシ)に注目しています。


それではまた 本家ブログ


追記 8月の記事に誤字脱字を訂正し9月20日の更新号として投稿しました。








ライブドアブログがなんとなく落ち着きますね。

アドセンスはお小遣い稼ぎ。「無理してやる必要はない」と考え始めています。

ワードプレスでアドセンスの審査が通りライブドアにもアドセンスが貼れるようになった。
ワードプレスで続けても今後収益が見込めない。

だったらもうライブドアブログに戻ってもいいのではないか?

などと考え始めています。


ワードプレスでの本家ブログはやめませんが、あまり広告収入を意識すると目的が定まらず
精神衛生に良くないです。

気楽に自分の思いを綴る場所としてのブログ。

この感覚を忘れないようにしたいです。





↑このページのトップヘ