ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)





<スポンサーリンク>



レキソタンを久々に増量しました。

本家ブログで何度か増薬の決意を述べたまま、増慮にためらっていました。

正直レキソタン増量に少し抵抗があります。


本当は増やしたくないのですが、痛みと暑さで参りました。

服薬で痛みが緩和されれば食事の量も適切になり、リズムも出てくるはずです。

生命の流れはリズムですのでストレスや慢性疾患で崩れたリズムをレキソタンで強引に戻すのは、
今となっては有効な手段の一つと考え始めています。

過去に2回レキソタンを増量しQOLが安定したので今回こそはという気持ちで一杯です。

落ちた筋肉は戻りません。萎縮かもしれません。レキソタンが効いたとしても
筋肉に関しては仕方ありません。

痛みの緩和とQOLの向上を目指します。



本家ブログもよろしくお願いします。




<スポンサーリンク>

暑い日が続きます。筋委縮はかなり進んだままで胸やヒザ、臀部の筋肉が薄くなりました。


訪問介護のおかげで生活レベルは向上したものの、筋委縮と食欲皆無は相変わらずです。

レキソタンを毎夕のんでいます。



本家ブログ、メモ書きのまま予約投稿し後で編集というずさんな内容ですが
少しずつ修正しますのでよろしくお願いします。


<スポンサーリンク>

レキソタン5mg投入しました。

前回の断薬から5日目です。
台風の前で気圧が変化しているのも影響しています。

レキソタンはそれほど強くない薬ですが飲んですぐ胸のあたりが落ちつきます。


プラセボでしょうか?


この薬に完全に依存しているのがわかります。

筋萎縮は相変わらず。

しばらくレキソタンを服用したほうが無難でしょう。

脳がそういう構造に変化したのかもしれません。



本家ブログも更新しています。記事の質は良くないです。

編集も読みなおしも痩せた体では辛いものがあります。


少しのみなおして楽になりたいです。



暑いですね。二日ほどレキソタンをのまずに過ごしました。
ノドの違和感が少しきついです。


食欲皆無。


筋肉減少がすすんでおり手足が物に触れると薄くなっているのを感じます。


2年前のメールを読み返し、当時と今では気力が違います。

気力は回復したものの筋肉が低下。


精神的にも少し混乱することあります。


レキソタンを戻したほうがいいのかもしれません。

福祉の人間関係にも悩みがあります。

気まぐれな女性達に翻弄されています。

これは教育やマスコミの風潮によるものです。


何かがおかしい。

真に安らげる時間と空間を作り出したい。



そもそもなぜ利用者側が気を使い顔色を伺わなければならないのか?

「逆」です。

何もかも辛い。



蒸し暑い夜中

孤独と罪悪感の中で





25日 夕方追記


本家ブログでの誤字脱字誠に申し訳ありません。

病中とはいえ酷い文章。疲労困憊のためです。

夏風邪もひいていました。

時間を見つけて編集していきます。


皆様クーラーの入れ過ぎにお気をつけください。




暑いですね。筋肉減少が腹部中央までたどり着き胃痛があります。
正確には胃ではないみたいですが・・・


日没現在 外では花火大会。

みる気にもなれません。


筋肉が極端に減って自分が自分でないようです。

ただし意識はクスリをのむ前の自分に限りなく近く喪失感が漂います。




どこか気分転換できたらいいのですが



クスリはレキソタンのみ。

もうやめてもいいかもしれません。




本家ブログもよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ