ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。





<スポンサーリンク>



ワードプレスでのブログ運営に疲れ元々いた旧家ライブドアに郷愁を感じていました。
お金=アドセンスに振り回されていたのも良く無かったです。

ライブドア、ワードプレス(本家)今の段階ではどちらも甲乙つけがたいです。

一時はワードプレスからライブドアブログに出戻りを考えました。(今も少し・・・)


しかしワードプレス(本家ブログ)で頑張ります。


ワードプレスはお金かかっています。有料テーマにサーバー代。

まだ未完成ですが今後ともよろしくお願いします。

ライブドアブログは息抜きダッシュボード的に使いたいです。

ワードプレスの本家ブログはクオリティを高めてい
きますのでご愛顧いただくよう重ねてお願いお申し上げます。



体調悪いです。夜中でも起きています。今夏は皮膚症状がマシです。
ただ内臓の調子が悪い。

漢方を中心とした生薬(マムシ)に注目しています。


それではまた 本家ブログ


追記 8月の記事に誤字脱字を訂正し9月20日の更新号として投稿しました。






ライブドアブログがなんとなく落ち着きますね。

アドセンスはお小遣い稼ぎ。「無理してやる必要はない」と考え始めています。

ワードプレスでアドセンスの審査が通りライブドアにもアドセンスが貼れるようになった。
ワードプレスで続けても今後収益が見込めない。

だったらもうライブドアブログに戻ってもいいのではないか?

などと考え始めています。


ワードプレスでの本家ブログはやめませんが、あまり広告収入を意識すると目的が定まらず
精神衛生に良くないです。

気楽に自分の思いを綴る場所としてのブログ。

この感覚を忘れないようにしたいです。





レキソタンの増量・・やっちゃったという感じです。

胃の左から頭にかけて神経が一本抜けているような感覚があります。

「中枢神経の故障かな?」と自分で怖くなることがあります。

それで「ベンゾ 中枢神経 故障」で検索をかけると
下山日記さんそしてわたしのブログにヒットして何とも言えない感覚に陥ります。

わたし本人としては「自律神経失調」「機能性ディスペプシア」
という病名で今の自分を考えたいのです。
そうでないとレキソタンの増量が怖くなりますから・・・


昨年より筋肉は落ちました(萎縮かもしれませんが)
これがベンゾジアゼピンによるものかいまだ不明です。

福祉ヘルパーとレキソタン増量が奏功したのか事務作業量は
増えました。

ヘルパーさんとの人間関係も良好です。




ネット収益は今年1月から8月まで物販5万円、有料メルマガ5万円

合計10万円ほど稼ぎました。

少ないですが、苦しみの中健闘したと自負しています。

今は本家ブログにも書いている通りレキソタンを
増やしストレス緩和でQOLの向上を目指しています。


そこから自然治癒力の向上をはかっています。

今度こそ定量的に服用し心身のストレス緩和をはかりたいです。

気になるのは上述した「中枢神経の故障」説です。
もし下山日記の主さんが指摘されるように中枢神経が破壊されているのなら、

歩くこともタイプを打つこともできないはずです。
皆さんどうお考えでしょうか?

どこに気持ちを置いてよいかわからない状況です。

単なるストレス疾患、老化、自律神経失調といった心身症の類だと思うのですが、
こうした病名はご都合主義の病名という指摘もあります。


何を信じていいかわかりません。

とにかくレキソタンの薬効を信じてのむしかないでしょう。



本家ブログもよろしくお願いします

22日追記)
ツイッターに疲れています。

SEOに振り回されました。
ASPに依存しないブログが理想的です。

「レキソタン QOL」で本家ブログが検索エンジンでヒットしなくなりました。
急にです。よくわかりません・・・

サイト全体の主張で判断されているのでしょう。

まあ、あまり収益はあてにしていませんのでいいですけど。



午前9時40分 レキソタン5mg投入

18:27 2018/08/22 レキソタン5mg投入



抗生物質さん、いつもメッセージありがとうございます。
ライブドア関係の方かな?なんて推測しています。

違ったらすみません。

これまでお言葉でずいぶん救われました。感謝申し上げます。



再追記

Googleから本家ブログをミラーサイトをみなされているようです。
移転したくはないのですが、どこかに移転したほうがいいようです。
せっかくの思い出あるのですが・・








最近かった本 これならわかる〈スッキリ図解〉障害者総合支援法 第2版



アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げるアフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79







障害福祉を受ける身として法律の全体像を知るのに良い一冊です。



後者はブログアフィリエイトを本格的に学ぶための良書として紹介されていました。 先ほど届きました。ボリュームのある本です。 興味のある方は参考になさってください。







<スポンサーリンク>

レキソタンを久々に増量しました。

本家ブログで何度か増薬の決意を述べたまま、増慮にためらっていました。

正直レキソタン増量に少し抵抗があります。


本当は増やしたくないのですが、痛みと暑さで参りました。

服薬で痛みが緩和されれば食事の量も適切になり、リズムも出てくるはずです。

生命の流れはリズムですのでストレスや慢性疾患で崩れたリズムをレキソタンで強引に戻すのは、
今となっては有効な手段の一つと考え始めています。

過去に2回レキソタンを増量しQOLが安定したので今回こそはという気持ちで一杯です。

落ちた筋肉は戻りません。萎縮かもしれません。レキソタンが効いたとしても
筋肉に関しては仕方ありません。

痛みの緩和とQOLの向上を目指します。



本家ブログもよろしくお願いします。




<スポンサーリンク>

暑い日が続きます。筋委縮はかなり進んだままで胸やヒザ、臀部の筋肉が薄くなりました。


訪問介護のおかげで生活レベルは向上したものの、筋委縮と食欲皆無は相変わらずです。

レキソタンを毎夕のんでいます。



本家ブログ、メモ書きのまま予約投稿し後で編集というずさんな内容ですが
少しずつ修正しますのでよろしくお願いします。


<スポンサーリンク>

↑このページのトップヘ