ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



こちらのブログも久々に更新。

レキソタン自然断薬で7日目。一週間になります。


本家ブログに書いております。

こちらのライブドアブログは苦楽を共にした思い出の地。

終生忘れぬ交流ができたことを感謝しております。


今年は小食です。筋肉減少は止まっているようですが、萎縮したヒジヒザ関節回り、臀部、
腹部、足裏などの衰弱もそのままです。



空腹感も満腹感もありません。

ただ後悔、空しさが残っています。福祉。一部助かっています。


自分に残された体力、気力、精神力、知力そして
社会資源すべてを動員してこの困難を克服したいです。


追記

夕食はヘルパーさんのつくったスープのみ。

シャブシャブ用の豚肉を2枚入れました。脂質、タンパク質を重視したからです。

糖質制限しています。米は意外と胃腸の負担になります。

糖質3割、タンパク質3割、脂質3割 が理想です。

糖質は玄米が良いそうです。

砂糖厳禁。

ベンゾ、糖質、アミノ酸等化学調味料。ケミカルな薬品、
食材をできる限り排除しています。

朝断食で排毒体質にしています。



愚かしい人生。「なぜこうなったか?」自分の過去を悔いています。

クスリが最大の間違い。それを信仰して自分。精神薬、精神科に
違和感、疑問に思ったことありました。
その違和感、疑問が正しかったのです。


人生に間違はつきもの。しかし精神薬は最大の間違い。自分だけでなく
家族一族を不幸に貶めました。

「質素倹約」「反省」「内省」「克己」
昔からある伝統的な宗教道徳の良質な徳目が正しかったのだと
省察しています。どこでどうあんな傲慢で強欲な自分になったのか?

そのくせ、人生で大切な健全な欲(遊ぶ、旅をする等)必要なリクリエーションを否定。
ただクスリに依存して目先の生活。
愚かしい限りです。

本家ブログもよろしくお願いします。








Amazonからアソシエイト閉鎖のメールが来ました。

Amazonリンクを全て削除してくれとのことです。


このブログでその作業は大変です。

なので一時的に過去記事非公開にします。


本家ブログは毎日更新ですのでよろしくお願いします。


毎日更新の本家ブログでも記している通りレキソタン5mgで安定をはかっています。

これまでの減断薬で耐性がついていないためか鎮静効果を実感しています。


おかげで眠り込んでしまい昼夜逆転です。


あまりにもひどい苦痛にはレキソタンが有効です。ただしあくまで最終手段。

これを読んでいるみなさんはレキソタンや睡眠薬(睡眠導入剤)に手を出さないでくださいね。
不眠や肩こりは温泉にいったり、おいしいものを食べて遊びにいくなど
生活の中に娯楽をもたらしてください。


漢方でも構いません。向精神薬だけには手を出さないでください。

肩こりと不眠で悩まされていた原疾患の頃より今のほうが苦しい症状に悩まされ、
レキソタンをのまざるを得ない状況になるよりはマシですから。


今の私は最終手段としてのんでいるのです。

それはそうとレキソタンが最後の砦。

耐性を気にしながら増量。毎日服用しその鎮静効果にすがっています。

筋肉減少の原因は不明です。過労、家庭環境の急激な変化・・・
よくわかりません。

30代なぜ自滅的な生活を自ら送っていたのかも不明です。

本家ブログもよろしくお願いします。



<追記>9月下旬ごろから毎日入浴。これは昨年までのことを思うと進歩です。 さらに明日10月15日は障害基礎年金の振込み日。 お金ってエネルギーだと思います。 だからこそ正しい人に持ってもらいたいのですが、悪人ばかりが栄える始末。。



歳月の流れは早いもので10月半ばになりました。

本家ブログは毎日更新しております。

こちらのブログを忘れたわけではありません。


ライブドアブログには過去の貴重な記録があります。



福祉ヘルパーを呼ぶ前の状況から福祉導入に至る経緯。

相談支援専門員のTとの確執。さらにALS疑惑。障害年金受給。

2018年になっても筋委縮は進行しました。

しかし生きています。


レキソタンはやめていません。まだのんでいます。辛い症状の毎日
、生きています。

ベンゾジアゼピンで被害を受けた方々の励みになれば、
とブログでありのままを書いています。

一人で減薬、断薬しないでください。

家族の協力又は福祉を導入してください。

マイナーとはいえ、離脱症状は想像以上に辛く、筋肉症状も出てきます。

脳のホルモンに影響するクスリですので、一人での減薬は激しい精神症状との闘いになります。

決して無理しないでください。

私もまだレキソタン単剤が抜けきれません。こんな中でも最低限の生活を守ろうと日々を過ごしています。


本家ブログもよろしくお願いします。




今度は断薬せず、レキソタンで安定を計っています。
たかがレキソタンといえど、長期服用した自分には抜きがたい薬物です。


服用当初は飲み忘れることが多く、そのまま自然断薬が可能でしたが、

仕事や家事の重圧でレキソタンとセルシンというカクテル処方で
精神的にも肉体的にも依存し中毒と化していました。

2015年の大幅な減断薬時は、大量の発汗と胃痛。

まさしく離脱症状でドクターショッピングを繰り返したものです。


その後は体が衰弱する一方。
とにかく食べて体重を増やすことが命にかかわると判断し、
食べに食べました。
福祉を導入し助かりました。

欲を言えば、初代のケアマネ、相談支援専門員のTが「普通」なら地獄の苦痛

に追い打ちをかけられることはなかったでしょう。

今の2代目相談支援専門員Eさんは、今のところ、とても良い方です。


私はこの一年福祉の勉強をずいぶんしました。


障害福祉医療費制度まで勉強し申請する準備をしています。


福祉医療をネットで研究すると、公には知られていない得をする福祉制度がたくさんあるんですね。

こうしたことを研究し、お金を節約しながらケアをすすめ、収入を増やす努力を希望しています。

筋肉と皮膚症状は日にち薬で治ると信じています。
体温を取り戻し昨年と違い部屋を換気する時間が多くなりました。

回復の兆しかもしれません。(背中は硬直したままですが・・・)

レキソタンを戻したとはいえ、治療の一環と割り切り、
罪悪感を持たないよう注意したいです。



福祉で人の力の大切さを知りました。

この年で学ぶこと多いです。


<

↑このページのトップヘ